走行中の電気自動車に道路からワイヤレスで充電するシステムの実験が、英国で年内に開始
テスラのスーパチャージャー・ネットワークのような充電インフラは、電気自動車(EV)の普及に貢献している。一方で英国政府は未来を見据えて、走行中の給電システム導入を検討中だ。イングランドの道路網を管理する公営企業Highways Englandは、EVやハイブリッドカーが主要道路を長距離走行中に、給電ステーションへ行くことなくワイヤレス充電が可能となる技術について検証するため、まずは「高速道路を模した」施設を使って実験を実施すると発表した。使用する車両と設備が整い次第、年内に始まる予定だ。約18か月にわたる実験の後、実際の道路を使ったワイヤレス充電システムの実証実験が行われる見通しとなっている。

英国政府は、今後5年間でこのプロジェクトに5億ポンド(約970億円)を投じる。今回の施設による実験は、Highways Englandが実施した大規模な実行可能性調査の結果を受けたものだ。同調査では、主要道路におけるインフラの整備方法、既存のEVやハイブリッドカーをワイヤレス充電に対応させるための方法、そして使用する「ダイナミック・ワイヤレス送電」の具体的な仕様の選定など、様々な事項について検討が行われた。英国では初の試みとされるこの実験は、最終的には主要道路へのワイヤレス充電システム導入を目標としている。

手本にできる前例はいくつもある。米クアルコムのワイヤレス充電技術「Qualcomm Halo」は既にフォーミュラE選手権で採用されているし、韓国では一部の公道に無線充電が可能なルートがあり、ワイヤレス充電に対応したバスが運行している。

注:この記事は、コネクテッドライフの完全ガイド、米『Engadget』のJamie Rigg記者の記事を転載したもの。

​By Engadget
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】電気自動車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!