Related Gallery:BMW Concept M4 GTS

米カリフォルニア州で開催されたペブルブルビーチ・コンクール・デレガンスにおいて、BMWは「コンセプト M4 GTS」を初披露した。高性能モデル「M4 クーペ」をベースに、パフォーマンスと美しさの両面でさらに磨きを掛けたこのコンセプトカーは、今後は特別仕様車として市販化も予定されているという。

その最も注目すべき特徴の1つは、新開発のウォーター・インジェクション・システムだろう。これはMotoGPシリーズのセーフティカーとして製作されたM4で初めて採用されたもので、5.0リッターほどのタンクに入った水を汲み出し、細かな霧状にしてインテークマニホールドの高圧空気に直接噴射して気化させる。その結果、燃焼室の温度が下がって馬力とトルクが向上すると、BMWは説明している。

もう1つの大きな特徴は、OLED(有機発光ダイオード)を採用したテールランプだ。"全面を均一に照らす"という実にドイツらしい機能だが、我々としては従来のBMWが搭載するリアライトとは大きく異なる見た目のインパクトが気に入っている。

エクステリアも、標準のM4に比べて外観と性能がアップグレードされた。フロントスプリッターと隆起したリアスポイラーは無塗装のカーボンファイバー製で、手動による調節が可能。カーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)製のボンネットは、軽量化と低重心化が図られている。

我々が特に好きなのはM4 GTSのホイールだ。フロントは19インチ、リアは20インチと前後のサイズが異なり、見た目も大変美しい。BMWが666Mスタイルと呼んでいるこのホイールは、アシッド・オレンジのアクセントカラーがフローズン・ダーク・グレーのボディにとてもよく効いている(ただし残念ながら、カーボンセラミック製ブレーキに備わるゴールドのキャリパーは、色の調和が取れていない)。タイヤは前265/35 R19、後285/30 R20サイズのミシュラン製「スポーツ・カップ2」。

このコンセプト M4 GTSは、よりサーキット走行に適した、しかし完全に公道走行にも対応するM4のスペシャル・モデルとして、市販化が予定されているという。そちらに関する詳細は、後ほど改めて発表があるそうだ。まずはペブルビーチで撮影して来た写真と、BMWによる公式画像の双方で、その姿をお楽しみいただきたい。


Related Gallery:BMW Concept M4 GTS

Related Gallery:BMW Concept M4 GTS


翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】BMWの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!