メルセデス・ベンツ、新型「Cクラス クーペ」の画像と概要を発表!
Related Gallery:2017 Mercedes-Benz C-Class Coupe

メルセデス・ベンツは8月14日、新型「Cクラス クーペ」の画像と概要を公開した。2013年末に発表された現行「Cクラス セダン」が、内外装とも"小さなSクラス"と言えるようなものだったので、メルセデスがそのクーペ・モデルでもフラッグシップにインスピレーションを求めたことは驚きに値しない。

新型Cクラス クーペは、その全ての趣向と意向において「Sクラス クーペ」の縮小版だ。同ブランドの大型2ドア・クーペと共通する魅力的なスタイリングの要素が、あらゆるところに見られる。小ぶりなリアエンドには、デッキリッドに一体化されたダックビル・スポイラーや、横長のテールランプが同じように備わり、強く刻まれたショルダーラインは、大胆に傾斜したルーフとベルトラインの高さを強調する。もっともこの点においては、むしろSクラス クーペよりアグレッシブと言える。力強いグリルの両側に備わるLEDライトのアクセントが入ったヘッドライトも、まるでSクラス クーペのものを縮小したかのようだ。インテリアも同様にSクラス クーペの小型版だが、決してスタイリングや素材で手を抜いているわけではない。

機械的には4ドア・セダンと同じものが期待できるだろう。今のところ、ガソリン・エンジンでは、1.6リッター直列4気筒ターボを搭載する最高出力156psの「C 180 クーペ」と、2.0リッター4気筒を積む184psの「C 200 クーペ」、211psの「C 250 クーペ」、そして245psの「C 300 クーペ」および4輪駆動の「C 300 4MATIC」がラインアップされている。今後はAMGの名前が付いたさらにパワフルなモデルも加わる見込みだ。ディーゼルは170psと204psという2種類の4気筒エンジンが用意される。「AIRMATIC」と呼ばれるエアサスペンションや、様々な安全機能など、オプション装備のラインナップもCクラス セダンに倣うものと予想される。

実車は9月のフランクフルト・モーターショーで公開となる予定だ。その後に続く東京モーターショーにも出展されることを期待しよう。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】Cクラス クーペの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!