【ビデオ】アイコナ、チタン製ボディの「ヴルカーノ」をペブルビーチでお披露目へ
Related Gallery:Icona Vulcano Shanghai 2013 Photos

毎年カリフォルニアで開催されているモントレー・カーウィークの各イベントには、世界各地から新興スーパーカー・メーカーが集まってくる。今年のペブルビーチ・コンクール・デレガンスでは、イタリアのカーデザイン・ハウス、アイコナがワンオフのスーパーカー「ヴルカーノ・チタニウム」をお披露目すると発表した。名前からも分かるように、このスーパーカーはチタンとカーボンファイバーから出来ており、そのボディは熟練の技術者の手によって1,000時間も掛けて作られたという。その様子を収めたティーザー映像が公開されている。

アイコナが「世界初のチタン製スーパーカー」と謳うヴルカーノ・チタニウムだが、全体的なデザインは2013年の上海モーターショー発表された「ヴルカーノ」とほとんど変わらない。後方に位置するファストバック型のキャビンから、長くて角張ったフードが前方に突き出したスタイルだ。デザインは機能性も重視されており、ホイールの後ろに開けられた通気口はエンジンベイからの熱い空気を排出する仕組みとなっている。

2013年のペブルビーチにも姿を現した最初のヴルカーノは、最高出力950hpを発生するV12ハイブリッドを搭載するとされていたが、新しいヴルカーノ・チタニウムではこれに替わって、最高出力670hp、最大トルク85.7kgmのコルベット「ZR1」用スーパーチャージドV8エンジンを採用したという。パワーは減ったが、同社によれば0-60mph(約96.6km/h)加速は2.8秒で、0-120mph(0-193km/h) が8.8秒、最高速度は220mph(約354km/h)に達するとのこと。その他の詳細についてはまだ分かっていないが、モントレー・カーウィークの開催中にはその全貌が明らかになるだろう。それまでビデオをご覧になってお待ちいただきたい。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ヴルカーノの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!