レクサス、マイナーチェンジした2車種をペブルビーチで間もなく公開!
Related Gallery:2009 Pebble Beach Edition LS 600h L

レクサスが、米カリフォルニア州モントレーのペブルビーチで13日(現地時間)に、マイナーチェンジした2車種のモデルをワールドプレミアすると発表した。しかし、それがどのモデルなのかはまだ明らかにされていないのだが、推測することはできそうだ。

レクサスの現行ラインアップの中で最も古いのは、同社のフラッグシップモデルだ。つまり、セダンの「LS」とSUVの「LX」(トヨタ「ランドクルーザー」の輸出モデル)である。

LSは1989年に初代モデルが登場し、2006年に4代目となる現行モデルが発売された(上の写真は2009年型「LS600h」のペブルビーチエディション)。その後、2012年までに数々のアップデートが施されたが、メルセデス・ベンツの「Sクラス」BMW「7シリーズ」といった競合他社の新型モデルが登場している中、トヨタもフラッグシップモデルのセダンを一新させてライバル車に対抗したいと思う頃だろう。

一方のLXは1995年、ランドクルーザーのラグジュアリー・バージョンとしてリバッジされて登場。3代目となる現行モデルは2007年に発売された。先に述べたLSと同様、2012年に最終アップデートが施されている。LXは販売が低迷しているため、レクサスは現在、フラッグシップモデルとして新たなクロスオーバーを世に送り出す必要性に迫られているのではないだろうか。しかし、新しいモデルが登場する前に、現行モデルにさらなるフェイスリフトが施されそうだ。というのも、改良された「LX570」と思しきリーク写真が既に出回っているからで、その姿がペブルビーチに現れても驚きではない。

レクサスのラインアップにおける他の新しいモデルと同様、両モデルともよりアグレッシブなスタイリングとなり、また、トヨタの最新テクノロジーを搭載することになるだろう。いずれにしても間もなく、改良された新モデルがお披露目される。新たな情報を期待していて欲しい。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】レクサスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!