【ビデオ】衝突寸前! 警官が線路内のクルマからドライバーを救出
列車の迫り来る線路内で事故を起こしたクルマから、北カリフォルニアの2人の保安官が迅速な対応でドライバーを助け出し、その命を救った。目撃者が撮影した動画を観れば、それはまさに間一髪のところだったということがお分かりになるだろう。

米TVニュース番組『NBC Bay Area』によると、事故が起きたのは8月3日。カリフォルニア州サンマテオ郡の保安官代理、ランス・ホワイテッド氏とエリック・リュッペル氏は、サニーベール近隣をパトロール中にクルマの衝突音を聞いた。男性が運転するクルマが、踏切を突破しようとして遮断棒に突っ込んだのだ。2人が駆けつけると、クルマは線路内で動けなくなっており、列車が近づいてくる音が聞こえたという。

リュッペル氏は直ちに列車に向かって停止するよう合図を送り、その間にホワイテッド氏は男性をクルマから引っぱり出した。よろよろと歩く男性をホワイテッド氏が引きずるようにして線路内から出た途端、やってきた列車がクルマを弾き飛ばすというギリギリのタイミングだった。「彼らの対応があったからこそ、男性の命は救われた」と、サンマテオ郡保安官のスポークスマン、サルヴァドール・ズーノ氏は語っている。

幸いなことに負傷者は出なかったが、列車は事故処理のためにしばらく運転を見合わせた。警察によれば、ドライバーの男性は事故当時、酩酊状態だった可能性があるという。現時点で起訴はされていないが、捜査は今も続けられている。もし何らかの理由で、あなたのクルマが線路内で動かなくなってしまった時は、先日ご紹介した記事の立ち往生したリムジンから逃げた子供たちのように、まずはクルマから出て安全な場所まで逃げることだ。

では、目撃者が撮影してYouTubeにアップした決死の救出劇をご覧いただこう。




By Erin Marquis
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】新車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!