ランボルギーニ、500台限定の「アヴェンタドール LP750-4 SV ロードスター」を間もなく発表!
Related Gallery:Lamborghini Aventador LP 750-4 SV

米カリフォルニア州モントレーのペブルビーチで毎年開催されるヒストリックカーの祭典「モントレー・カーウィーク」や、それを締め括る「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」は、良いクルマ(と人々)に出会うための素晴らしい場所となっている。同時に、世界を代表する優れた自動車メーカーにとっては、華々しく新型車を発表する場でもあるのだ。

ランボルギーニは、8月14日に行われるモントレー・カーウィークの「ザ・クエイル モータースポーツ・ギャザリング」で、新型「アヴェンタドール LP750-4 スーパーヴェローチェ(SV) ロードスター」をお披露目し、今年のイベントにおける主役の座を奪う気でいるようだ。その詳細はまだ明かされていないが、おそらく3月のジュネーブ・モーターショーで一足先に発表されたクーペのSV(上の写真)から仕様を引き継ぐオープントップ・バージョンになると思われる。

つまり、SV ロードスターは、大きく唸りを上げる最高出力750psのV型12気筒エンジンを搭載し、0-100km/h加速は3秒を切り、最高速度は350km/hに達し、価格は50万ドル(約6,200万円)を超える可能性が濃厚というわけだ。メーカーによれば500台の限定生産になるとのことなので、超高価なランボルギーニの中でも特に貴重なモデルとなるだろう。

今週末にカリフォルニアの青い空の下でデビューする際には、より多くの情報が明らかになるはずだが、既に完売済みのクーペを買い逃した方は、今すぐ正規ディーラーにコンタクトを取った方がいい。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ランボルギーニの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!