IMPREZA vs JINRIKISHA
 ぬぉ〜不躾オザワ、いきなりとんでもない異種格闘技をまかされましたぜスバル・インプレッサスポーツ ハイブリッドvs浅草人力車! ってそもそもこんな対決マトモに成立しないんですけどね CHIBAチャン(笑)

IMPREZA vs JINRIKISHA IMPREZA vs JINRIKISHA
 とはいえ強引に比べるとインプレッサスポーツは、ズバリ「燃費は二の次」なスバル流ハイブリッドの2台目。中身はおととし登場のXVハイブリッドを熟成させたものでJC08モード燃費20.4km/Lって正直全然大したこと無い。なんせ今や新型カローラフィールダーの1.5リッターガソリンが23.0km/L! デカめな新型ミニバン、シエンタのガソリンが20.6km/L!! という時代だからして。
 しかしその分、走り味の良さは保証済で開発者自身「一番上質なインプレッサとして開発しました」とか。

IMPREZA vs JINRIKISHA IMPREZA vs JINRIKISHA
 かたや人力車は、ある意味、世の中で最もエコでジェントリーな乗り物。馬や牛のように気まぐれに止まらないし、道にフンも落としません(笑)。中でも今回の「浅草人力車松風」の車夫、坂本優起さんは実はシュートボクシングの第5代全日本スーパーウェルター級チャンプ! 試合前にもなると「食事(燃料)も取らず」、取っても「1日1食わずか1000円(笑)」という超エコロジー型。

IMPREZA vs JINRIKISHA
 しかも彼は乗車8年のベテランで「トーク以上に"極上の乗り心地"で勝負する」職人カタギ。果たして改めてリッター20.4kmを達成した新型インプレッサ・スポーツHVとどちらが乗り物として優れているのかッッッ!!

Related Gallery:IMPREZA vs JINRIKISHA
対決1 どっちがキモチいい? もしや人力車の方が上!?
IMPREZA vs JINRIKISHA
 まずはインプレッサHVvsと人力車、どっちが速いかって確実にインプレッサ。最高出力はエンジン150psでモーター13.6ps。かたや人力車は"1人間力"。「1馬力=75kgの物体を1秒間に1m持ち上げる力」だけに勝手にベンチプレス100kg超はいくプロアスリートと仮定しても2ps弱。ざっと100倍はパワフルだ。

IMPREZA vs JINRIKISHA
 だがどっちがキモチいいかというと...小沢の見立てじゃ結構どっこいどっこい!? 速さじゃせいぜい最高速30km/hで比べものにならないけど人力車の「あれ? いつ加速した?」って感じのシズシズ感は新鮮。同じ無音でも電気自動車より不思議で、まるで極上のマッサージ師に肩を揉まれているようとも言うか...

IMPREZA vs JINRIKISHA IMPREZA vs JINRIKISHA
 かたやインプレッサHVだが、絶対パワーは大したことなし。最大トルクもエンジンが20.0kgmでモーター6.6kgmで合算しても普通。

IMPREZA vs JINRIKISHA IMPREZA vs JINRIKISHA
 ところが兄貴分のXVハイブリッドに比べ、モーターやバッテリーは変わってないけど、制御が進化。「いままで使ってない領域までバッテリーが使えるようになった」分、明らかにモータートルクが太い! 特に発進時に顕著で、アクセルを軽く踏んだだけで「グイ」と加速。インプレッサの2リッターガソリンはもちろん、同じパワートレインのXVハイブリッドより「グイ」とくる。

IMPREZA vs JINRIKISHA
 しかもそれが予想以上のモーター加速で妙にキモチいいのだ。ペダルに足を乗せたぐらいで"波に乗るように"加速していく。

IMPREZA vs JINRIKISHA IMPREZA vs JINRIKISHA
 とはいえ異次元感覚なのは浅草人力車の方ですけどね。それにスバル式HVはバッテリーもモーターも小さいので、プリウスみたいなEV走行がほとんどできないのも残念。
 よって勝手に...人力車の勝ち!!

IMPREZA vs JINRIKISHA


対決2 どっちがカッコいい? シトロエン2CVもビックリのアートスタイル!
IMPREZA vs JINRIKISHA
 どっちがカッコいいかって...比較できません(笑)。なんせ全く違う乗り物、ライオンとヤギを比べるようなものなので(笑)。ただ、乗り物としていかに原理主義的でムダがないかというと人力車。52インチの極細の超大径チューブタイヤにシトロエン2CVもビックリのベンチシートに屋根が付いただけの超シンプルボディ。でも、そのシンプルさが美的だし、人間が生み出したシーラカンス的な元祖自動車としてまさにアートそのもの!

IMPREZA vs JINRIKISHA IMPREZA vs JINRIKISHA
 比べるとインプレッサスポーツは、人の手垢が付きまくった欲望のデザイン。ハイブリッド化により、ディテールがよりハデになり、専用デザインのワイド&ローのフロントバンパーにフォグランプカバー、サイドシル、ルーフエンドスポイラー、LEDリアランプまで加わって微妙にサイズアップ。横幅は完全5ナンバーオーバーの1755mmで最低地上高が15mm下がると同時に全高が25mmも上がってる。豪華って言えば豪華なんですけどね(笑)。
 子供でも分かるようなインパクトというか、カッコよさで言わせて貰うと勝手に...人力車の勝ち!(笑)

IMPREZA vs JINRIKISHA


対決3 使い勝手対決! ここでやっとインプレッサ有利?
IMPREZA vs JINRIKISHA
 ま、使い勝手じゃ圧倒的にインプレッサの勝ちですな。5人乗りだし、ラゲッジもデカいし、かたや人力車は大人2人か、無理やり子供も入れて3人横並び!? がせいぜい。荷物も足元にカメラバッグ置くのが関の山。大物はほぼ載りません(苦笑)。

IMPREZA vs JINRIKISHA
 ってかインプレッサハイブリッドの最大の売りはスペース効率にある。同じハイブリッドでもトヨタ系と違い、薄型モーターをほぼ従来サイズのギアボックスに内蔵するだけなので走行用バッテリー以外はユニットサイズが基本変わらない。今回も床下収納が36リッター減ったけどラゲッジ344リッター確保! ゴルフバッグを4つ積めるっていうから凄い。

IMPREZA vs JINRIKISHA
 それどころかバッテリー搭載分、重心が10mm下がり、サスペンション剛性も強化してアライメントを最適化。さらに防振材を増やし、窓ガラス板厚をアップしてるので乗り心地&静粛性が見事に上がってる。
 そう、スバルらしいキレのいいハンドリングを損ねないで上手に上質化してるわけですよ。それも自慢のスバルならではのフルタイム4WDシステムを確保した上で。

IMPREZA vs JINRIKISHA IMPREZA vs JINRIKISHA
 インテリアもハイブリッド専用エネルギーメーターほかピアノブラックパネルなどで絶妙に豪華になってるし、実は坂本選手も助手席に座るなり「このシート、座り心地すごくいいですね」と自ら白旗を...。
 ってなわけで勝手に...インプレッサの勝ち!

IMPREZA vs JINRIKISHA


対決4 最終エンタテイメント対決! 果たしてコージの結論は?
IMPREZA vs JINRIKISHA
 冒頭でも言ったようにアスリート車夫、坂本選手による「浅草人力車松風」はせいぜい1日1〜2食で済む超エコ車。実燃費で頑張ってもリッター10km台前半のインプレッサハイブリッドに比べるとかなりの高効率だ。

IMPREZA vs JINRIKISHA IMPREZA vs JINRIKISHA
 でもね。よくよく聞くと人力車、平日で1日5km、混んでるゴールデンウィークでせいぜい20km走るくらい。というか気になる走行料金は時間制でほぼ10分3000円。ズバリ、タクシーより高く、その間、歩くよりちょっと速い移動と、人力車がゆえどこでも適当に止まれる自由さ、さらに車夫によるトーク、つまり「浅草案内」が売り。中には英語ペラペラで外人バカウケの車夫もいるそうな。

IMPREZA vs JINRIKISHA IMPREZA vs JINRIKISHA
 言わば「走る風情あるエンタメ観光案内」であり、売れっ子になると1日9万円売り上げる猛者もいるとか。まさに"移動式落語家"みたいなものかもしれない。この坂本号も基本はクチベタだが、聞けば全日本でのバトルの苦労や、格闘家としての心構えや役得(!?)体験まで語って頂けます。

IMPREZA vs JINRIKISHA
 比べるとインプレッサは、純粋快楽移動体。ナビは付いてるけど、勝手に喋ってくれたり、英語でジョークなんかも言わない。

IMPREZA vs JINRIKISHA
 つまり人力車の実体が年配や外人向けの「トーク&風情エンタテイメントマシン」とすると、インプレッサはどこでも行けるクルマ好き向け「ドライビング&移動エンタメマシン」。全然違う乗り物なのだ。
 ってなわけで不躾小沢、結論は勝手に...2勝1分け1敗で浅草人力車松風の勝ち! としちゃましょう。ちなみに今月にはチャンプ坂本の試合も行われるのでよろしくね(笑)


■オマケ
より大人っぽく...の新型WRXインプレ!

WRX S4
 インプレッサスポーツのハイブリッド追加と同時に発表されたのが、同じプラットフォームのスバル流スポーツセダン、WRX S4の商品力強化。

WRX S4 WRX S4
 300馬力の2リッター直噴ターボ+フルタイム4WDシステムはそのままに、ただでさえ剛性感ありまくりの濃厚スポーツ、S4をさらに濃厚にしているとこが恐ろしいが、細かくは「アドバンスドセイフティパッケージ」のオプション設定とサスチューン変更による乗り心地アップに静粛性アップ、さらに18インチタイヤやサンルーフのオプション設定などだが、印象的なのはより上質になった乗り心地。
 っていうか以前はちょっとヤリすぎでゴリゴリし過ぎてしていたからかも? とか思ってしまいました(笑)。

■スバル 公式サイト
http://www.subaru.jp


IMPREZA vs JINRIKISHA IMPREZA vs JINRIKISHA
今回Autoblogに登場して頂いた SB 日本スーパーウェルター級王者の坂本優起選手の試合が、8月22日(土)大田区総合体育館にて開催される。坂本優起選手は、今回も他団体のチャンピオンと対戦。J-NETWORKスーパーウェルター級王者の北斗拳太郎を迎え撃つ。Autoblog異種格闘技戦にも勝利した坂本選手を是非開場で応援して頂きたい。

【大会概要】
『SHOOT BOXING 30th ANNIVERSARY"CAESAR TIME!"』
2015年8月22日(土) 大田区総合体育館
OPEN/13:00 START/14:00
主催:シュートボクシング協会
認定シュートボクシングコミッション
チケット料金
VIP 30,000(客席最前列・パンフレット付)
RRS 15,000円
RS 10,000円
アリーナA 8,000円
スタンドA 7,000円
スタンドB 5,000円
スタンドC 3,000円
※当日券は各¥500UP
☆2大会同時購入特典
SB公式ネットショップにて、8.21&8.22両大会のチケットを同時購入いただいたお客様には、SBオリジナルチケットホルダーをプレゼントいたします(30円チケットは除く)。
☆U-18チケット(当日券のみ)
18歳以下のお客様に限り、当日券立見チケットを1,000円にて販売いたします(要身分証提示)。
販売所=会場当日券売り場

【チケット販売=2大会共通】
チケット販売所
チケットぴあ(http://t.pia.jp/
TEL0570-02-9999
ローソンチケット(http://l-tike.com/
TEL0570-084-003(24時間受付)
e+(http://eplus.jp
CNプレイガイド(http: //www.cnplayguide.com)
BoutReview(http://www.boutreview.com
フィッ トネスショップ水道橋店
TEL03-3511-2711
プロレスショップ チャンピオン
TEL03-3221-6237
書泉グランデ
TEL03-3295-0011
後楽園ホール
TEL03-5800-9999
シュートボクシング公式ネットショップ(http://shootboxing.org/shop/

◆お問い合わせ:シュートボクシング協会
TEL03-3843-1212