日産、ル・マンでの惨敗を受けて「GT-R LM NISMO」のWEC参戦延期を表明
Related Gallery:2015 Nissan GT-R LM Nismo

6月に行われたル・マン24時間レースで惨敗を喫した日産のレーシング・プロトタイプ「GT-R LM NISMO」。この結果を受け、日産はFIA世界耐久選手権(WEC)への復帰参戦を延期すると発表。チームは今後、マシンの改良とテストに注力していくという。

日産のモータースポーツ部門ニスモの代表である宮谷正一氏は、「ファンの方はがっかりされると思いますが、それ以上に私たちもとても残念に思っているのです。私たちはレーサーであり、競いたいのです。そして、強くありたいのです。よって、厳しい競争が待ち受けるWECで戦えるNissan GT-R LM NISMOを準備するため、テストプログラムの続行を選択しました。最初のハードルで諦めることはありません。この困難を乗り越えたいと思います」とプレスリリースの中で述べている。

ル・マンにおける最大の敗因は、エネルギー回生システム(ERS)の問題だった。ドライバーはエンジンパワーのみに頼らざるを得ない状況となり、これによって他のシステムにも影響が出たという。日産LMP1チームのテクニカル・ディレクターであるベン・ボウルビー氏はプレスリリースの中で、「我々が取り組むべき課題は多くあります。まずはERSが最大の機能を発揮するようにしなければなりません。チームは現在、改良が必要となった膨大な数の箇所について、コースや風洞など世界中のニスモの様々な設備でテストを順調に進めているところです」と述べている。

GT-R LM NISMOはデビュー当時から、レーシングカーとしてこれまで最も成功を収めてきた仕様を採用しなかったため、懐疑的な目が向けられていた。それは過去4年どころか数十年前からほとんど例がないないフロントエンジンのプロトタイプというだけでなく、前輪駆動を採用している点にある。そのため、最高出力1,250hp、電気モーターのみでも700hpというパワーを生かし切れず、ポルシェアウディトヨタとの競争でたやすく打ち負かされてしまったというわけだ。

プレスリリースの全文は、ニスモの公式サイトからご覧いただける


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】日産のWEC参戦を楽しみにする前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!