【ビデオ】給油していたらガソリンスタンドにSUVが突っ込んで来た!
米メイン州で先日、ガソリンスタンドで給油中の男性に制御不能となったSUVが突進し、あわや大惨事という事件があった。米FOX系列のニュースサイト『MyFox8』の取材に応じた警察の話によると、事故を起こしたSUVは、一時停止の標識を無視して交差点に進入してきた別の黒いSUVに接触して制御不能になり、道路を大きくそれて同州ウェストガーディナーのガソリンスタンドに突っ込んだという。

間一髪で助かったジョエル・モラン氏は、用事で出かけた際に給油に立ち寄ったところだった。防犯カメラがとらえた映像を見ると、同氏はSUV同士の最初の衝突音を聞いて振り返っている。暴走するクルマから逃げる時間はほとんどなかったが、音がした方へ素早く目をやったことが彼の命を救ったのかもしれない。同氏は、MyFox8のインタビューに対し、「助かって運が良かった」と話っている。また、「ソファに座ってTVを見ながら、『そこから逃げろ!』と叫ぶことは出来る。でも実際に自分の身に起こってみると、逃げるのは簡単じゃないと分かるよ」と付け加えた。

こうした事故では、瞬時に判断して行動することがとても重要だ。2013年には運転手が意識を失ったことが原因で暴走したトラックがテネシー州クラークスビルのガソリンスタンドに突っ込み、このトラックと近くにいた客を巻き込む火災が起きた。現場に居合わせた被害者の男性は、衝突を逃れて九死に一生を得たものの、炎が引火して体のほぼ半分に重度のやけどを負ってしまった。

今回の事故で、黒いSUVの運転手は一時停止違反で出頭を命じられている。けが人が出なかったことは、不幸中の幸いといえるだろう。

それでは、ビデオで間一髪の瞬間をご覧いただこう。



By Erin Marquis
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】SUVの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!