605ps馬力のスーパー大型セダン、アウディ「S8プラス」が登場!
Related Gallery:2016 Audi S8 Plus

今のところ、アウディに「RS8」というモデルはないし、今後も登場しそうにない。しかし今回、新型「S8プラス」が発表されたことで、その必要もなくなったのではないだろうか? この新しいフラッグシップ・セダンのパフォーマンス・モデルは、かなりのパワーを秘めているからだ。

「プラス」という名称では、アウディとその高性能車部門であるクワトロGmbHが、究極の「A8」セダンを作ろうとしたことが表せていない。最高出力は「S8」の520psから605psに向上し、クラス最大級となっている。これよりも馬力があるのは、4気筒多く、排気量も2リッター大きなエンジンを積んだ「メルセデスAMG S65」だけだ。最大トルクは5.1kgm増えて71.4kgmとなり、オーバーブーストモードでは76.5kgmにまで引き上げられる。「メルセデスAMG S63」を除けば、8気筒エンジンを搭載するパフォーマンス・セダンとして最高の性能だろう。過給器付きのV8エンジンを積んだジャガー「XJR」マセラティ「クアトロポルテ」新型の登場が噂されているBMW「アルピナB7」にも勝ち目はない。

0-100km/h加速は3.8秒。最高速度はやはり250km/hでリミッターが作動するが、オプションのダイナミック・パッケージを選べば制限が解除されて305km/hに達するという。ちなみに、実際に最高速度を発揮できる数少ない国、ドイツではこのパッケージが標準となるそうだ。21インチのホイールに納まったカーボンセラミック製ブレーキによって、このパワーとスピードを常に制御することが出来る。当然のことながら、S8プラスは"下位の"モデルと比べると、内外装も大幅にアップグレードされており、ボディカラーには専用のマットシルバーも用意されている。

もちろん、これだけのグレードアップが安く済むはずはない。本国ドイツでは11月末に発売が予定されているS8プラスの価格は14万5,200ユーロ(約2,000万円)と、現行のS8と比べて2万8,000ユーロ(約400万円)も高くなっている。A8のロングホイールベース版で12気筒エンジンを搭載する「A8 L W12」よりも高額だ。日本市場への導入については、アウディ ジャパンからのアナウンスを待つことにしよう。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】S8プラスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!