レクサス、ホバーボードの全容を公開!
今年6月のホバーボードの発表後、レクサスはそのプロジェクトの全容を発表した。

レクサスホバーボードのプロジェクトは、磁気浮上技術を専門とするIFW Dresdenおよびevico GmbHからの科学者チームの協力のもと、18カ月前に始まった。テストライダーのロス・マクグランによると「20年間スケートボードをしてきたが、摩擦のない状態でホバーボードに乗るため、特に姿勢やバランスについては一から技術を習得しなければならなかった」と新しい経験を語った。ホバーパークに設置された最長200mに及ぶ磁気のレールを利用し、従来のスケートボードでは実現し得ない水面上を走行する技も実現。その様子はヘンリー=アレックス・ルビン監督により撮影され公開された。

動き(motion)を通して楽しさを創造したいというこの「SLIDE」プロジェクトの動画には、2015年北米国際自動車ショーでワールドプレミアした高性能スポーツセダンGSFが登場する。その動画はLEXUSの想像力と革新性を表現するレクサス「Amazing in Motion」キャンペーン第4弾の一環である。