Ford new model
フォード・ジャパン・リミテッド(代表取締役社長:森田 俊生)は、年内に部分改良、全面改良を含む新型モデル4車種を年内に導入、フォードのグリーン・エンジンであるEcoBoostTMを搭載したモデルを拡充する。

Related Gallery:Ford new model

Ford new model
新たなエンジンを搭載したコンパクトSUV「クーガ」の発売を皮切りに、エクステリア、インテリアのデザインを刷新し、パワートレインの変更など大幅改良したコンパクトカーの「フォーカス」、同じく大幅改良したSUV「エクスプローラー」を、9月から10月にかけて発売を開始。さらに年末までにリンカーンブランドのCUV(クロスオーバー ユーティリティ ビークル)、「リンカーン MKX」を全面改良し導入する。

Ford new model
フォード・ジャパンでは、フォードがグローバルで展開するOne Fordプランのもと、ラインアップの拡充と共に、2010年より5年連続で前年超えの販売を達成してきた。またEcoBoostTMエンジンは、3年連続で「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」を受賞した1.0L EcoBoostTM(フィエスタに搭載)をはじめ、日本でもその優れたパフォーマンスと環境性能が高く評価されている。

■フォード・ジャパン 公式サイト
https://www.ford.co.jp