【ビデオ】音ゲーを現実化! レーザーが照らす滑走路でwill.i.amとレクサスが曲を奏でる
Related Gallery:2015 Lexus NX 200t: First Drive Photos

クルマのエンジンが素晴らしいサウンドを奏でることは疑いのない事実だが、論理的に言えば音楽の定義には当てはまらない。しかし、レクサスと人気ラッパー兼プロデューサーのwill.i.am(ウィル・アイ・アム)、そして多くの技術者による巨大なチームが先ごろ行った壮大なスタントでは、コンパクトクロスオーバーSUV「NX」3台が、実際に楽器となって大掛かりな仕掛けの用意された滑走路を走り抜け、同アーティストの楽曲『#ザットパワー』を見事に演奏する。

チームは、このスタントを実現するため、音に反応するレーザーライト350基を滑走路に仕掛け、滑走路上で人気リズムゲーム『Rock Band』のようなユーザー・インターフェイスを現実の世界に再現。3台のドライバーたちは正確なルートを走らなければならないだけでなく、音楽のテンポに合わせて正確なスピードを維持する必要がある。このビデオの撮影は僅か一晩で行われたとのことだが、その準備には65人掛かりで1週間以上かかったという。ちなみに、このライティングのデザインは、世界的に有名なライト・アーティストMarshmallow Laser Feastが手がけたそうだ。

大変な労力が費やされているだけあってその仕上がりは見事だが、映像の最後に映る撮影スタッフの安堵の表情からも分かる通り、難易度が極めて高いこのスタントを実際に成功させるのは、並大抵のことではなかったようだ。それでは早速、映像をご覧頂こう。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】レクサスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!