『トップギア』元司会者3人にAmazonが支払う新番組制作の契約金は3年で310億円!?
先日お伝えした通り、Amazonは、英BBCの自動車番組『トップギア』の元司会者であるジェレミー・クラークソンリチャード・ハモンドジェームズ・メイ、そして同番組のプロデューサーを務めてきたアンディ・ウィルマン新しい自動車番組の制作に向けて契約を結んだ。英『Daily Mirror』紙によれば、販売・配送の大企業でありブロードキャスターとしても急成長しつつあるAmazonは、元司会者3人と3シーズン分(各12エピソード)の契約を交わし、その契約金は合計で1億6,000万ポンド(約310億円)におよぶとのことだ。

この金額は、当初3人と契約すると見られていたNetfixの大ヒット政治ドラマ『ハウス・オブ・ガード』の2シーズン(各13エピソード)の制作費1億ドル(約124億円)が小額に思えてしまうほど。Amazonがクリス・エヴァンス率いる新生『トップギア』に対抗し新番組を成功さようとする真剣な姿勢が伺える。

1億6,000万ポンドというのは非常に高い金額ではあるが、Amazonの投資は安全性が高いといえるだろう。前回の記事でもお伝えしたように、新番組はAmazonプライムの会員向け動画配信サービス「プライム・インスタント・ビデオ」で配信される予定だが、Amazonプライム会員の年会費は英国で79ポンド(約1万5,000円)、米国では99ドル(約1万2,300円)となっている。クラークソン/ハモンド/メイ時代の『トップギア』の視聴者が世界中に3億5,000万人もいたことを踏まえれば、新番組はAmazonプライムの会員数を大幅に増やす可能性を秘めている。プライム会員には、注文から2日以内の商品配達が追加料金無料、Kindle端末へ専用ライブラリーからひと月1冊貸し出しが無料、動画配信に加え広告なしの音楽配信などの特典がある。

新番組は今秋にも撮影が開始される予定だが、真っ白のレーシングスーツに身を包む覆面ドライバーのファンにとって残念なお知らせがある。英タブロイド紙『The Sun』によれば、『トップギア』専属テストドライバー「The Stig」(ザ・スティグ)はAmazonで配信される新番組には出演しないそうだ。

今回の契約について、3人は次のようにTweetしている。


「ハモンドとメイと私がAmazonVideoと契約したことを発表できることにとても興奮している」ジェレミー・クラークソン


「仕事が入った仕事が入った仕事が入った。 髪を切って、ジーンズを洗濯して、運転の練習をまたしなくちゃ。いくぜー!」リチャード・ハモンド


「良いお報せです! Amazon Video UKとの仕事が決まりました。悪いお報せです! あの2人も一緒です」ジェームズ・メイ


日本版編集部注:日本ではAmazonプライム会員の年会費が3,900円と割安ですが、現在のところプライム会員専用のインスタント・ ビデオのサービスは行われていないため、もし3人の新番組が試聴できるようになるなら、料金/サービスの形態は米国と異なる可能性があります。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】英国車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!