ランボルギーニ、ペブルビーチで特別な顧客のみに新たなスーパーカーの限定モデルを公開か
Related Gallery:Lamborghini's Limited-Edition Supercars

ランボルギーニが、また新たに超高価で超特別な限定モデルのスーパーカーを計画しているという噂が入ってきた。その新しい"暴れ牛"は、8月16日に米カリフォルニア州モントレーで開催されるペブルビーチ・コンクール・デレガンスで、選ばれた特別な顧客のみに披露されるという。

ランボルギーは近年、フラッグシップ・スーパーカーをさらに魅力的な姿に生まれ変わらせてきた輝かしい実績がある。「ムルシエラゴ」をベースとし、「アヴェンタドール」のスタディモデルとなった「レヴェントン」のことを覚えているだろう。これはクーペが20台、ロードスターが15台のみ限定生産され、100万ドルの大台を超える価格で販売された。そして2013年には同社の創立50周年を記念して、アヴェンタドールをさらに究極まで高めた「ヴェネーノ」が発表された。こちらは僅か3台のクーペと9台のロードスターが販売され、価格は何と400万ドルを超えていた(「セスト・エレメント」もあったが、これは控えめな10気筒エンジン・モデルだった)。

米自動車誌『Motor Trend』によると、今回発表される最新作は、12気筒のアヴェンタドールがベースになる見込みで、より冒険的なスタイリングやより強力なエンジンも期待できるという。ごく少量が生産され、1億円を超える価格が付けられることは、ご想像の通りまず間違いないだろう。生産は3年前に新設されたプロトタイプ専門の生産ラインで行われる可能性が高い。

一般の人々に公開しないにも拘わらず、ペブルビーチのような一般の人々が多数来場するイベントで発表することにどんな意味があるのか、と訝しむ人も多いだろう。しかし、来場者は一般の人だけとは限らない。ランボルギーニのお得意の顧客も参加するし、その中にはランボルギーニが最新作を見せたい人もいる。ランボルギーニは、過去にもプライベートな内覧会を行うことで知られていて、筆者が最後に招待されたこのようなイベントでは、カメラでの撮影は禁止されていた。しかし、その時に公開されたモデルは、翌月には主要なオート・ショーで一般にお披露目されたので、8月にペブルビーチで一部の人にだけ公開されたモデルが、9月のフランクフルト・モーターショーにも出展されることは十分考えられる。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ランボルギーニの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!