3輪コミューターの米Elio Motors、クラウドファンディングで目標額の約31億円を達成!
米ベンチャー企業のElio Motorsは、クラウドファンディングサイト『StartEngine』を通して個人投資家に資金援助を求めてからわずか1ヶ月後、支援額が目標としていた2,500万ドル(約31億円)に達したと発表した。StartEngineによると、Elioは「利益の支払い義務がない」という条件にもかかわらず、8月3日の時点で7,231人の投資家から合計2,700万ドル(約33億円)以上の支援を得たそうだ(現在の支援額はこちら)。これは、1人あたり平均3,742ドル(約46万円)をElioに投資した計算になる。Elio MotorsのCEOであるポール・エリオ氏は、この2,500万ドルという支援額について「2016年の量産という目標に向けた、ほんの始まりに過ぎない」と語っている。

しかし、この1ヵ月はElioにとって良いことばかりではなかった。資金提供を呼びかけるキャンペーンが始まると、"疑わしい"投資家が参加し始め、調査によって、実際の投資家ではない人がいたことが明らかになっている。クラウドファンディングの目標額は達成したので、同社は今後、約36km/Lの燃費と6,800ドル(現在のレートで約84万円)の価格を実現する3輪コミューターの市販化に向け、製造拠点となる米ルイジアナ州にあるシュリーブポートの工場を整備することに注力していく。



By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】3輪コミューターの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!