最安値更新!! 12万円値下げで実質150万円を切る電気自動車登場!!

三菱自動車は、7月29日より、軽トラック電気自動車(EV)「MINICAB-MiEV TRUCK」と「MINICAB-MiEV VAN」を一部改良すると共に、EVの普及促進のため、車両本体価格を値下げし、発売を開始した。

今回のマイナーチェンジでMINICAB-MiEV TRUCKは、約12万値下げし、158万2,200円(消費税込)となり、クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(上限11万円)を適用することで、実質150万円を切る147万2,200円で購入できるようになった。

つまり、MINICAB-MiEV TRUCKは、今回の値下げにより、国産量産型EVで最安値を更新したことになる。

なお、MINICAB-MiEV VANについては、最大約24万円値下し、179万9,280円(消費税込)となっている。こちらもクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(上限22万円)を適用することで、約158万円となり、バンタイプEV最安値ので購入できるようになっているのだ。

今回のマイナーチェンジでは、値下げのみではなく、普通充電に比べて充電時間が短い「急速充電機能」が全車に標準装備になった。

急速充電器は、高速道路のサービスエリア、コンビニ、道の駅、 宿泊施設などへの設置が進んでおり、急速充電機能が標準装備されることで、外出先での短時間充電が可能となり、利便性が向上し、ランニングコストに優れた商用EVとして活用の幅が大きく広がるのだ。

150万円前後の価格帯に入ったことで、タウンコミューターや山間部などでガソリンスタンドがない地域の足としてだけではなく、ディーラーオプションの1500W電源供給装置を使用して電気が使えるホビーカーとしての2台目需要も期待できそうだ。


三菱自動車 公式サイト
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/