ヴィクトリー・モーターサイクルから電動バイクの「Empulse TT」が登場!
Related Gallery:Victory Empulse TT

今年の初めに電動バイク・メーカーのブラモ社を買収したポラリス社は、新たに電動バイクの製作に着手し、自社のブランド「ヴィクトリー・モーターサイクル」から、ブラモ社のテクノロジーをベースにしたレース用バイクをマン島TTに出場させた。そして今度は、ブラモが販売していた公道用電動バイク「Empulse R」を、スペックはそのままにデザインとブランドを一新し、新型「Victory Empulse TT」として発売する。

Victory Empulse TTは、アルミ製フレームや前傾のシートポジションなど、従来の内燃エンジンを搭載するスポーツバイクを真似たデザインとなっている。また、鋳造アルミ製ホイールやブレンボ社製ブレーキ、アジャスタブル・サスペンションを装備し、同社によれば「電動バイクで最大の傾斜角」を実現したという。

10.4kWhのリチウムイオンバッテリーによって電気モーターが発生する最高出力は54hp、最大トルクは8.43kgm。他の多くの電動バイクと違い、6速トランスミッションを装備する。油圧式クラッチはギアのシフト時にのみ使い、発進や停止の際には必要はない。しかし、通常の速度で街乗りするだけなら、3速に入れたままにしておけばクラッチを気にしなくても大丈夫だ。

日常の運転に適した「Eco」モードとハイパフォーマンスな「Sport」モードという2つのモードを切り替えることが可能で、最高速度は100mph(約161km/h)。どれだけスピードを出すか、どれだけ回生ブレーキを使うかにもよるが、1回の充電で65~100マイル(約105~161km)の距離を走ることができる。フル充電にかかる時間は、120Vのコンセントを利用した場合に8時間、240Vのコンセントを使う別売りの急速充電器を使えば3.9時間で済む。価格は1万9,999ドル(約248万円)。昨年ブラモ社が発表した2つのモデルはそれぞれ、「Empluse」が1万6,995ドル(約211万円)、「Empulse R」が1万8,995ドル(約236万円)だったので、それと比較するとやや高くなっている。ヴィクトリー・モーターサイクルによると、新型Empulse TTは今年中には米国の販売店に登場する予定だという。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】電動バイクの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!