サリーンが開発したスーパーカー「S7」や「S5Sラプター」の知的財産を手に入れるチャンス!
Related Gallery:New York 2008: Saleen S5S Raptor concept

デザインや設計、開発テストなどの面倒な工程を抜きにして、スーパーカー・ビジネスに乗り出したい方に朗報だ。サリーンが過去に独自開発したスーパーカー「S7」とそのレース仕様車「S7R」、そしてコンセプトカーとして発表された「S5Sラプター」の資産や知的財産が、オークション会社GA Global Partnersによって競売に掛けられることになった。落札すれば、あなたも一流スーパーカーの新しい権利保有者になることができる。

競売に掛けられるコレクションには、ニッチなS7のオーナーや潜在的顧客を相手に、ビジネスを展開するのに必要な物がすべて揃っている。在庫部品、記念品、金型、設計図、3台のスーパーカーの知的財産のほか、1台しかないというS5Sラプターのコンセプトカー(冒頭写真)や、S7とS7Rの6台分のシャシーが含まれる。

なお、GA Global Partnersによれば、これらの品はサリーンから直接譲り受けるわけではないため、サリーンの名前や商標は含まれないという。あくまでも販売は、サリーンと「関連も提携もない別の会社」によって行われる。

新たなオーナーは、S7のパーツで小さなビジネスを始められるだろうが、希少性を考えると、S5Sラプターが手に入る方が価値あることかも知れない。2008年のニューヨーク国際オートショーで公開されたS5Sラプターは、S7の下位モデルとして市販化が計画されていたコンセプトカーだった。バイオエタノール燃料E85に対応した5.0リッターV8ターボ・エンジンを搭載し、最高出力650hp、最大トルク87.1kgmを発揮。6速マニュアル・トランスミッションと組み合わされ、0-60mph(約96.6km/h)加速は3.2秒と発表されていた。2010年に18万5,000ドル(約2,290万円)という価格で発売されるはずだったが、サリーンの試みもむなしく実現しなかった。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】サリーンの知的財産ゲットを考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!