【ビデオ】ドライバーの心拍に合わせてボディが光る、レクサス「RC F」
Related Gallery:Lexus RC F: Electroluminescent Concept

最近では新車にあらゆるタイプのセンサーが搭載されていることも珍しくない。車内の騒音から周囲に潜む危険まで、様々なことをモニターするためだ。問題は、自動車メーカーがこれらのセンサーで収集した情報をどのように取り扱うかということだ。我々はこれまでにも、かなり革新的な方法を目にしてきたが、今回ご紹介するレクサスの試みは、大いに役立つものではないとしても、今まで見た中で最も興味深いアイデアの1つであることは間違いない。

レクサス・オーストラリアは、「RC F」に心拍モニターを搭載し、特殊な電子発光ペイントを施したショーカーを製作した。センサーがドライバーの心拍を検知し、その動きをクルマの側面にリアルタイムで表示する。陽光の下では一般的なシルバーのボディ・カラーに見え、それ以外の点は我々がよく知る高級マッスルクーペと変わらない。エンジンはダウンサイジング・ターボ化が最近の業界トレンドであるにも拘わらず、決然と5.0リッターV8エンジンを搭載し、最高出力477psを発揮する。そんなRC Fに乗ると、ドライバーの心拍数がどうなるか、外の人にもよく分かるという仕掛けだ。

このプロジェクトは広告代理店M&C Saatchiとの提携によるもので、米研究開発企業Darkside Scientific社が開発した「LumiLor」という電子発光ペイントが使用されている。こんなクルマは意味がないと思うだろうか? 確かにそうかもれないが、クールであることは間違いない。それでは早速、"世界で最もドキドキするクルマ"を、映像で観てみよう。






By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】光るレクサスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマのa査定価格を調べてみよう!