下水道とホンダの意外な関係とは!? ホンダが「下水道展'15東京」に出展!!
ホンダは、7月28~31日に東京ビッグサイトで開催される「下水道展'15東京」に、燃料電池自動車(FCV)「FCXクラリティ」やV2H対応DC普通充電器「Honda Power Manager HEH55」などを出展する。
(V2H:FCVやEVから家庭への電力供給を行うビークル・トゥ・ホーム(Vehicle to Home)の略)

またホンダの水素関連技術である「スマート水素ステーション(SHS)」やFCV、外部給電用インバータ「Power Exporter CONCEPT 9000」などの縮小スケールモックアップを配置したジオラマで、ホンダの描く水素社会におけるスマートコミュニティの全体像を紹介するとのことだ。

Related Gallery:2009 Honda FCX Clarity


なぜ、下水道展にホンダが出展!? という疑問についての回答は、主催者特別企画「水素社会と下水道」ブースにおいて、下水処理過程における副生エネルギーの有効利用による水素製造が紹介されるということにある。

国土交通省では、平成26年度から、下水処理時に出るバイオガスを原料とした水素創エネ技術の実証実験を福岡市で実施している。

下水汚泥の7割以上がバイオマスとして未利用であり、この未利用の資源を活用して水素が出来れば、太陽エネルギーや化石燃料などを使って水素を作るよりエコなことはいうまでもない。

今回のホンダの出展では、来たる水素社会に向けたホンダの取り組みコンセプト「つくる・つかう・つながる」の連携によって生まれる、新たな価値を提案する。

ホンダは、モビリティを作るだけでなく、それらが使うエネルギーの創出と効率的な活用についても積極的に技術開発を進め、「自由な移動の喜び」と「豊かで持続可能な社会」の実現に向けてチャレンジしていくとのことだ。

ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp/auto/

下水道展'15東京 公式サイト
http://www.gesuidouten.jp/

国土交通省下水道における水素製造・利用の取組
http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/energy/suiso_nenryodenchi/suiso_nenryodenchi_wg/pdf/006_s02_00.pdf