メルセデス・ベンツ日本(MBJ)とシュテルン品川は7月22日、羽田空港第2旅客ターミナル 地下1階に、新ブランド情報発信拠点「Mercedes me Tokyo HANEDA(メルセデス ミー 東京羽田)」を開設した。

「Mercedes me Tokyo HANEDA」は、ダイムラー社が2014年3月に発表し、世界的に展開を進める包括的お客様向けサービス「Mercedes me」の実店舗で、ドイツのハンブルグ、イタリアのミラノに続く世界第3店目で、アジアでは第1号となる店舗だ。

「レストラン・カフェスペース」も用意されており、画像のようなMercedes me Tokyo HANEDA限定のドーナツ3種とボックス2種も発売された。
Related Gallery:2015 Mercedes me Tokyo HANEDA

© Nacasa & Partners Inc.
店舗運営は、MBJと正規販売店契約を結ぶシュテルン品川が担当し、販売店経営で培われたお客様対応のノウハウを活かして、顧客志向の複合的なサービスを展開するとのことだ。


「レストラン・カフェスペース」では、フードコラボレーションパートナーにリヴァンプのグループ企業が選ばれ、先ほどご紹介したクリスピー・クリーム・ドーナツや、画像のようなエッグセレントバイツが提供するメルセデス・ベンツのマークをあしらったスターパンケーキが入っているスタープレートなどの限定メ ニューも用意されている。

なぜ、レストランも?という疑問もあると思うが、2020年に向けて進化を続ける日本の玄関口、羽田空港に出店することで、メルセデスブランドをより多くの方々に親しんでいただくことを目指しているとのことだ。

© Nacasa & Partners Inc.
店舗周りには「ギャラリースペース」を配し、メルセデス・ベンツの最新車種や希少車種など話題のモデルを常時展示する等、お客様にメルセデス・ベンツの旬な情報も提供される。

© Nacasa & Partners Inc.
店舗内「ラウンジスペース」では、タッチディスプレイ式のデジタルデバイスを用いて、メルセデス・ベンツ及びスマートに関するあらゆる相談をすることも可能だ。

また、メルセデス・ベンツのレンタカー手配やメルセデス・マイバッハの送迎(ショーファー)プログラムの提供など、空港ならではの立地を生かした取組みも検討しているということだ。

© Nacasa & Partners Inc.
さらに、ファッションやライフスタイルの提案を行う「コレクションショップ」では、トラベルグッズ等の羽田空港限定商品も販売されている。

なお、営業時間は以下の通り。
ラウンジ&ギャラリースペース 9:00~20:00
エッグセレントバイツ 7:00~21:30
クリスピー・クリーム・ドーナツ 9:00~21:30

夏休みの旅行や出張の際に羽田を利用する人は、是非一度立ち寄ってみよう。

メルセデス・ベンツ日本 公式サイト
http://www.mercedes-benz.co.jp/


「Mercedes me Tokyo HANEDA」
https://www.mercedes-benz.com/jp/mercedes-me/store/
(営業時間等は最新の情報を事前にご確認を。)