AMGとの提携によってどうなる? MVアグスタが1リッター4気筒の新型モデルを続々と投入予定
Related Gallery:2015 MV Agusta F4 RC

ダイムラーと資本提携したイタリアのオートバイ・メーカー、MVアグスタは、近い将来に1リッター4気筒の新型モデルを続々と登場させる予定だと報じられている。詳細の発表される日が楽しみだが、それらの新型がAMGとの新たなタイアップによってどのような影響を受けるのか、今からあれこれと想像を巡らせずにはいられない。

最近、MVアグスタで話題を集めているのは3気筒モデルだが、新しい4気筒モデルのラインアップが近々登場することは確認されている。まずはスーパーバイク「F4」が新型にモデルチェンジし、次にネイキッドのストリートファイター「ブルターレ」が続く。さらに新しいスポーツ・ツーリングのバリエーション・モデルが追加される見込みだ。

数ヶ月前、MVアグスタはスーパーバイク世界選手権参戦モデルの公道仕様車を発表した。最高出力200hpを超える重量175kgのマシンだ。思わず身を乗り出してしまうようなスペックに加え、AMGのロゴがボディの至る所に配されるなど、競技用マシンを彷彿させるカラーリングとなっている。今後は外装だけでなく、ダイムラーとのコラボレーションがそれ以上の領域に広がっていく可能性を思うと、興味が刺激される。

AMGは主に8気筒や12気筒など大排気量のエンジンを扱ってきたが、このところ「A45」「CLA45」「GLA45」といったモデルで、より小さな4気筒エンジンの技術を磨いている。ライバルのフォルクスワーゲン(メルセデス・ベンツと提携していたドゥカティを買収した)が発表したコンセプトカー「XLスポーツ」のように、オートバイのエンジンを4輪のクルマに搭載する魅力的なアイディアも期待できるかも知れない。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】MVアグスタ「F4」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!