レクサス、「IS」に2.0L直噴ターボエンジン搭載の「IS200t」を追加設定
IS200t "F SPORT"(ヒートブルーコントラストレイヤリング)<オプション装着車>


〜同時に、「IS300h」にAWD仕様を追加設定、「IS350」「IS300h」「IS250」を一部改良〜

レクサスは、FR車としてレクサス初のターボエンジン搭載モデル「IS200t」を追加設定した。
また、積雪寒冷地域の需要に応え、IS300hにAWD仕様を追加設定。
さらに、一部改良として外板色に"F SPORT"専用色のヒートブルーコントラストレイヤリングなどを加えた全10色を設定し、全国のレクサス店を通じて8月3日に発売する。

IS200t "version L"(ソニッククォーツ)

レクサスによれば、IS200tに搭載された2.0L直噴ターボエンジンは、ツインスクロールターボチャージャーと可変角を拡大したDual VVT-iW(Dual Variable Valve Timing-intelligent Wide)を組み合わせるとともに、最適な燃焼効率を実現するD-4ST(Direct-injection 4 stroke gasoline engine Superior version with Turbo)を採用することで、低回転域から強大なトルクを発生させ、滑らかな加速フィーリングを実現したという。
トランスミッションには8-Speed SPDS(8-Speed Sport Direct Shift:電子制御8速オートマチック)を搭載し、本格的なスポーツドライビングを提供する。
また、フロントにはパフォーマンスダンパーを標準装備し、ハンドリング特性をシャープにすることで、高い操縦安定性を確保したとのこと。

IS300h(AWD)には、前後輪に動力を配分するトランスファーにトルセン®LSD(トルセン®は(株)ジェイテクトの登録商標、LSD Limited Slip Differential)を採用。トランスミッションからの駆動トルクを適切に配分し、高い走破性と優れた操縦安定性を実現。さらにカウンターギヤ歯車の加工精度を向上させるなど、高い静粛性も確保したという。

そのほか一部改良として、IS350には、IS200tと同様にフロントにパフォーマンスダンパーを標準装備。
外板色には、"F SPORT"専用色ヒートブルーコントラストレイヤリング、ソニッククォーツ、マダーレッドを新たに加えた全10色(設定は仕様によって異なる)を設定した。


■ IS200t エンジン主要諸元


■消費税込み価格(円)





LEXUS 公式サイト
http://lexus.jp/

LEXUS「IS」 公式サイト
http://lexus.jp/models/is/index.html