【ビデオ】 805馬力のダッジ「チャレンジャー SRT ヘルキャット」がチャリティーくじの景品に!
チャリティーに寄付するのは人間の「魂」に良い影響を与える。人助けをするのは気持ちのいいものだ。善良な心を以て寄付をするべきではあるが、それに対して何かお返しを受け取っても決して悪い事ではない。その何かが、たとえ大量のガソリンで走るものであっても...。

慈善団体Dream Giveawayが主催するチャリティーくじなら、わずか3ドル(約370円)で購入するだけで、自宅の車庫前に1台どころか2台の"モパー・マッスルカー"を並べられるようになるかも知れない(ただし、もし当たったら諸税が4万ドル<約490万円>ほどかかるが)。そのうち1台は、世界最強と言われるダッジ「チャレンジャー SRT ヘルキャット」のワンオフモデル「ヘルキャットX」だ。今月10~12日に米ペンシルバニア州カーライルで開かれたモパー・マッスルカーの展示会「2015 Chrysler Nationals(クライスラー・ナショナルズ)」に出品するため製作されたクルマで、ヘルキャットXという名前は第2次世界大戦時に米海軍で活躍したツインチャージのヘルキャット艦上戦闘機の試作機「XF6F」にちなんで名付けられた。6.2リッターのスーパーチャージャー付きV8エンジンには、さらに2基のターボチャージャーが加えられ、最高出力はオリジナルの707hpよりも約100hpアップの805hpを発揮する。なお、フィアット・クライスラー・オートモービルズは、このツインチャージャー付きヘルキャットを市販するつもりはないとのこと。

Dream Giveawayのチャリティーくじで、このヘルキャットXと共に賞品となっているのが、ブラックの1970年型「チャレンジャー 440R/T」だ。375hpのビッグブロックV8エンジンに、4バレルキャブレター(期待していた6パックではない)、ピストルグリップのマニュアル・シフトを備え、周りを威嚇する黒に身を包んだこのクルマは、1970年に100台のみ生産された貴重なクルマだ。2012年に"Revolution Reborn"というダッジのテレビCMに登場したこともある。

チャリティーくじは1枚3ドルから購入できるが、5,000ドル(約62万円)、6,000ドル(約74万円)のパッケージも用意されており、収益金は恵まれない子供たちに家庭環境を提供するNew Beginning Children's Home(NBCH)に寄付される。NBCHは、米国の国防に対する理解を深めることを推進する財団National Guard Educational Foundationから飲酒運転事故被害者をサポートする「Mothers Against Drunk Drivring」まで、あらゆる団体に助成金を提供している非営利団体だ。

ビデオで2台のチャレンジャーをチェックしてみよう。






By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】チャリティーくじの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!