【ビデオ】中国の巨大ゴーストタウンにあるサーキットで行われたバイク・レース映像
真新しい街並みに人口がまばらな、中国の"ゴーストタウン"と呼ばれる内モンゴル自治区オルドス市の行政地区、康巴什(カンバシ)新区の話を聞いたことがある人も多いだろう。100万人分もの住宅を建設したにも関わらず、入居者はわずか30,000人足らずしかいない地域だ。しかし、このオルドスに、ほぼ新品で活用されていないレース・コースがあることはご存じだろうか?

北京から飛行機で1時間ほどの距離にあるオルドス国際サーキットは、全長3.7kmのきれいに舗装されたコースで、上から見ると馬のような形をしている。チンギス・ハーンの生まれ故郷に近いことを考えると、ピッタリの形状だ。現地のバイク・レーサーたちは年に3回、オルドス国際サーキットにやって来て、チンギス・ハーン・スーパーバイク・カップとして知られるレースを繰り広げる。同サーキットで認可された競技が行われるのは、おそらくごく稀なことだろう。

映像を見る限り、(観客の姿はないが、出場者は)とても楽しそうなレースだ。YouTubeに書かれた説明によると"情熱的なプロジェクト"として撮影されたビデオを、皆さんもぜひ楽しんでいただきたい。




By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】バイクレースに挑戦する前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!