【ビデオ】セグウェイよりも奇抜! 電動ドリルの力で動く歩行マシン
セグウェイは、ちょっとパジャマに似ている。「これで街を歩き回ってみたい。別に問題ないじゃないか」と思っても、結局は多くの人が、怠け者に見られそうなのが恥ずかしくて断念してしまう。だが今回ご紹介する乗り物は、むしろハロウィンの仮装をして会社へ行く感じに近い。つまり、恥ずかしさを通り越すほど奇妙なマシンなのである。

米国のイジー・スワン氏が考案・製作したこの革新的な乗り物は、フロントに2つの車輪が備わっているが、本当に面白いのはリアの部分。犬や猫の後ろ脚のような形をした、機械仕掛けの脚が2本ついている。メタリックシルバーに塗装されているこの脚は、実は木製で、スワン氏が手作りする工程もビデオに収められている。歩く仕組みの設計は、オランダの芸術家、テオ・ヤンセン氏に着想を得たという。ヤンセン氏の「ストランドビースト」は、まるでレオナルド・ダ・ビンチのスケッチが生命を与えられたかのようにオランダの砂浜を風力で歩き回る、奇抜な一連の作品である(テオ・ヤンセン氏の日本語公式サイトはこちら)。

スワン氏のマシンは、セグウェイや電動シニアカーなどに比べると乗り心地が劣るようにも見えるが、外観はずっとクールだ。重量制限も約168kgまでと余裕がある。そしておそらく一番すごいのは、その動力源が20ボルトのデウォルト製電動ドリルであること。そう、ホームセンターで普通に買えるような電動工具のパワーで人を運ぶという、驚きの乗り物なのだ。では早速、ビデオをチェックしてみよう。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】歩行マシンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!