【ビデオ】レクサス、「宙に浮くスケートボード」の最新映像を公開
Related Gallery:Lexus Hoverboard

先日ご紹介したレクサスのホバーボードは、やはり本物だった。決してCGでもマジックでもない。ホバーボードの底から噴き出しているスモークの正体は、ボード内部を常に冷却するための液体窒素だそうだ。液体窒素が-210度まで凍らないことを考えれば、その内部がどれだけ冷たいかお分かりいただけるだろうか?

もし、この最新のティーザービデオにちょっとしたカラクリがあるとすれば、それはこのホバーボードに使用されている超電導体が磁気を持つ場所でしか浮かぶことができないという点だ。つまり、コンクリートのスケートボード場では使えないし、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』同様、水の上でも使えない。たとえ、ジェットパワーがあったとしてもだ。

しかし、そんな技術的な難しい話はどうでもいい。今回のビデオに登場するのは、高校の科学部が考え出したような不完全なシロモノではない(もちろん、こちらのビデオで取り上げているヘンドー(Hendo)に対して悪意はない)、現実のホバーボードである。日本のラグジュアリー・ブランドであるレクサスが造ったホバーボードはとにかく美しい。竹製のデッキにカーボンファイバー製のベース、そして特殊効果のような噴き出すスモークさえも魅力的だ。

今回レクサスが公開したビデオに登場するプロスケートボーダー、ロス・マクグーランも我々と同様に、レクサスのホバーボードの価値を認めているようだ。マクグーランは通常のスケートボードと比較したうえで、ホバーボードの乗り心地について、「空気のクッションの上に浮かんでいるようだ」と話している。操縦の難しさと感動が半々といった感じだろうか。今後も、レクサスとマクグーランからのさらなる情報を期待したい。




By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ホバーボードの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!