米フロリダ州パームビーチで先日、スタント・ドライバーなら誰もが憧れるようなことを、ある男性がやってのけた。自身が運転するSUVで、跳開を始めた可動橋を飛び越えることに成功したのだ。


といってもこの男性は、悪ふざけや命知らずな挑戦をしようとしたわけではない。実際には、GPSの操作に気を取られて可動橋が上がり始めたことに気づかなかったのだという。地元の警察官は、この男性が橋の隙間に落ちなかったことは非常に幸運だったとし、「もし橋を渡るタイミングが違っていたり、着地時に横転したりすれば、致命的な事故になりかねなかった」とフロリダ州のニュースメディア『WPTV』に語っている。

米国運輸省によれば、運転中の不注意が原因で年間3,154人が命を落とし、42万4,000人が負傷しているという。幸いこの運転手と同乗者は軽い怪我で済んだが、危険運転で罰則を科されたそうだ。


By Erin Marquis
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】不注意運転でクルマをダメにする前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!