TRD(ティー・アール・ディー)ブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行うトヨタテクノクラフトは、トヨタシエンタ」の発売にあわせTRDパーツを発売した。
Related Gallery:2015 Toyota Sienta TRD



画像はフロントスポイラー、サイドスカート、リヤバンパースポイラー、LEDデイタイムランプがセットになったエアロパーツセット124,000円(塗装済・税抜)が装着されたモデルだ。

もちろん単品での装着も可能で、フロントスポイラー38,000円(塗装済・税抜)、サイドスカート50,000円(塗装済・税抜)、リヤバンパースポイラー50,000円(塗装済・税抜)、LEDデイタイムランプ35,000円(税抜)となっている。なお、素地のバリエーションも用意されている。

新しいシエンタは、デザインが一新し、より個性的な仕上がりとなっているが、TRDのエアロパーツセットを装着することで、よりスポーティーにそしてより個性的に仕上げることが出来るのだ。

今回注目したのは、TRDフロントスポイラーに装着することができるLEDデイタイムランプだ。

装着することで、昼夜問わずドレスアップ性がUPすることもさることながら、対向車、歩行者へ自分の車両の存在を早く気づかせてくれる機能も備えているので、セーフティグッズとしてもオススメしたい製品だ。

なお、シエンタに装着可能なシフトノブやTRDロゴ入りのプッシュスイッチ、バルブ、ホイールなども用意されているので、興味がある読者は公式サイトをチェックして欲しい。

TRD 公式サイト
http://www.trdparts.jp/index_menu.html