ウラル「ギア・アップ」にキャンピング専用「スポーツマン・パッケージ」が登場!
Related Gallery:Ural Motorcycles Sportsman

ロシアのウラルが製造するオートバイは、オフロードなどライダーが行きたいどんな場所にも連れて行ってくれるように設計されている。同社から新たに登場した「ギア・アップ」用の「スポーツマン・パッケージ」は、自然を満喫するのに特化したキャンピング専用モデルだ。この"ビースト(野獣)"には、戸外での活動に十分な照明が装備されているので、夜間でも火を起こす必要はないだろう。

ウラルのギア・アップが雪道も走行できる高性能オートバイであることは疑いの余地がないが、このスポーツマン・パッケージは更なる機能を提供してくれる。例えば、標準装備の1灯式ヘッドライトに加えて、サイドカーに200ドル(約2万4,000円)でLEDデュアル・フォグライトを、135ドル(約1万6,000円)でLEDのメイン・ヘッドライトを装着できる。また、オートバイを保護するセラミック・アンダーコーティング(サイドカーの底と計3つのフェンダー部分)は1,000ドル(約12万2,000円)、シートとサイドカーの防水カバーは370ドル(約4万5,000円)で提供される。スタイリッシュに山道を走らせたいライダーは1,000ドル(約12万2,000円)で「Forest Fog」と呼ばれるグリーンの粉体塗装を施すことが可能で、さらにもう1,000ドル払えば、エンジンとギアボックスをブラックにカスタムできる。なお、これらは北米での価格なので、日本国内の価格については代理店のウラル・ジャパンに直接お問い合わせ願いたい。

スポーツマン・パッケージを設定したギア・アップは、メカニカル的には頑丈な標準モデルと同等となっており、北米でのベース価格は1万5,999ドル(約196万円)からとなっている。最高出力41hp、最大トルク5.8kgmを発揮する電子制御燃料噴射方式の空冷水平対向2気筒750ccエンジンを搭載し、4速トランスミッションはリバースギアも備えるためサイドカー付きのバイクとしては扱いやすい。もし、雪や泥で動きが取れなくなった場合でも、サイドカーの外側のホイールにパワーを伝えて駆動させることが出来る。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ウラルの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!