スズキ株式会社(以下、スズキ)の二輪車を代表するスーパースポーツバイク「GSX-R」シリーズが、1985年の初代「GSX-R750」発売から2015年で30周年を迎えた。

Related Gallery:SUZUKI GSR-X july 2015

初代「GSX-R 750」(左)と「GSX-R 1000 30周年記念カラー」(右)

これを記念して、スズキのMotoGPチーム「チームスズキ エクスター」は、初代「GSX-R750」を模した青/白の「30周年記念カラー」で参戦する。記念カラーを施した参戦マシン「GSX-RR」は、第9戦ドイツGP(決勝:7月12日)および第10戦インディアナポリスGP(アメリカ、決勝:8月9日)に出走する。








さらに、現行の「GSX-R」シリーズ「GSX-R600/750/1000」(海外向けモデル)にも「30周年記念カラー」として青/白および赤/黒の2種類のカラーグラフィックを採用し、タンク上に30周年デカールを装着して欧州・北米を中心とした海外向けに追加発売する。

「GSX-R」シリーズは、1985年の初代「GSX-R750」発売以来、レース活動で培われた最新技術をフィードバックした軽量・高出力な高性能スポーツバイクとして人気を博し、2012年には累計生産100万台(GSX-R600/750/1000/1100の合計)を達成。また、「GSX-R」シリーズをベースとしたレース車両は、世界耐久選手権、スーパーバイク世界選手権、鈴鹿8時間耐久レース、全日本ロードレース選手権など、数々のレースで栄光を勝ち取ってきた。

スズキ 二輪 公式サイト
http://www1.suzuki.co.jp/motor/

スズキ 公式サイト
http://www.suzuki.co.jp/