【レポート】バッテリー電力量がアップした日産「リーフ」、8月に登場か
Related Gallery:2015 Nissan Leaf

日産は現在、電気自動車リーフ」の次期型モデルを準備中だが、その前に伸び悩んでいる米国での売上を後押しするため、"つなぎ"として現行モデルのマイナーチェンジ・バージョンを発売するようだ。自動車情報サイト『Automotive News』が内部事情に詳しい筋から入手した情報によると、バッテリーの総電力量を24kWhから30kWhにアップしたリーフが、早くも8月に登場するらしい。

リーフのバッテリーが30kWhになるという噂が出始めたのは、今年5月下旬のことだ。米国では、同モデルへの税金控除が終了を迎えること(製造台数が20万台を超えると1年半後に控除対象外となる)や、3年間のリース契約満了に伴って中古のリーフが市場に多く出回るとの見込みから、リーフの売上が落ち込みつつあるのだ。実際、今年上半期の売上は9,816台で、前年に比べ23%減となっている。

今回の改良で、ドライバーは1回の充電で100~120マイル(約160~190km)を走行することが可能になるようだ。もちろん、満タン時のガソリン車の航続距離にはまだ及ばないが、現行の84マイル(約135km:米国環境保護庁によるテスト値)と比べれば、注目に値する向上と言えるだろう(日本版編集者注:日本における現行モデルの国土交通省による審査値は、JC08モードで228kmとなっています)。

日産のカルロス・ゴーンCEOは6月23日に開かれた株主総会で、同社はバッテリー技術の向上を推し進め、近い将来、電気自動車の1充電当たりの航続距離を従来のガソリン車に匹敵するレベルにまで押し上げるとの意向を示している。それまでの"暫定措置"でリーフの売り上げは復調するだろうか。




By Danny King
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】リーフの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!