ヒュンダイがGM に替わりNFLの公式スポンサーに決定!
ヒュンダイが、ゼネラル・モーターズ(GM)に替わって米NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)の公式自動車スポンサーを務めることが決まった。米自動車最大手のGMは、2001年からNFLの公式スポンサーを続けていた。

今回の契約金額については明らかにされていないが、自動車メディア『Automotive News』が伝えるところによると、GMの公式スポンサー額は、毎年少なくとも2,500万ドル(約31億円)に及んだという。さらに、テレビ広告などNFLに関連する費用をすべて合わせると、年間1億5,000万ドル(約184億円)を上回っていたそうだ。

ヒュンダイは、NFLのトレードマークを広告に使用できる権利を得たことになるが、この戦略は見事だと素直に認めるべきなのかも知れない。今回の4年契約により、ヒュンダイは、ドラフト会議の「NFLドラフト」、身体能力測定会の「NFLスカウティング・コンバイン」といった、オフシーズンの大イベントで広告を打てるほか、シーズン中には、スーパーボウルなどのイベントで、サポートカーの提供を行う。

ヒュンダイ米国法人の社長兼最高経営責任者(CEO)を務めるデイブ・ズコフスキー氏は、「私たちは、アメリカン・フットボールの大ファンです。消費者に広告をお届けする場としてこれ以上の場はないと感じています。より多くの方に(同社の製品を)検討してもらい、ヒュンダイのブランドストーリーを伝える最高の場です」と語る。また、「ヒュンダイのラインナップの素晴らしいデザインや高度なテクノロジー、力強いパフォーマンス、数多くの安全機能などを、1億8,800万人のNFLファンの方々にお見せできるのが楽しみです」とプレスリリースで述べている。

NFLのスポンサー担当シニア・バイス・プレジデントを務めるレニー・アンダーソン氏は、「ヒュンダイをスポンサーの一員に迎え入れることができて嬉しい。シーズン中や主要な年間イベントの中で、革新的なプログラムを通して、ファンに訴求すべく共に協力しようとするヒュンダイの熱意に感謝します」とコメントしている。今回のスポンサー契約について詳細が気になる方は、プレスリリース(英語)を読んで、9月のキックオフに備えよう。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ヒュンダイの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!