ボルボ「XC90 エクセレンス・チャイルドシート」で、乳幼児を連れて快適なドライブを提案
Related Gallery:Volve XC90 Excellence Child Seat Concept

ボルボが昨年8月にスウェーデンで公開した7人乗りの新型高級SUV「XC90」は、ほんの始まりに過ぎなかった。同社は上海モーターショー 2015で、4シーターの「XC90 エクセレンス」と、さらに贅沢な「ラウンジ・コンソール コンセプト」を発表。そして今回、この北欧の自動車メーカーは、同じテーマによる新たなモデルを披露した。

この「エクセレンス・チャイルドシート」と呼ばれる新たなコンセプト・モデルは、その名前からお分かりの通り、乳幼児連れの顧客満足を最も重視したインテリア・デザインを採用している。助手席のシートを取り外した場所(ラウンジ・コンソール コンセプトではフットレストが配置されていた場所)に、ボルボは今回、乳幼児向けの設備を組み込んだ。スライド可能な台座の上に、後部座席と向かい合うように設置されたチャイルドシートは、助手席側のドアから乳幼児をスムーズに乗り降りさせることができるように、回転する仕組みとなっている。チャイルドシートが載った台座の内側には、たっぷりとした収納スペースがあり、おむつや毛布など、乳幼児とお出かけの際に必要な物をすっきりとしまえるので、足元にマザーバッグを置いても十分な広さがある。

もちろん、現時点では単なるコンセプトカーに過ぎず、乳幼児連れの移動に特化した仕様の新型ラグジュアリー・クロスオーバーを注文する人はそれほど多くないだろう。だが、もしボルボが、例えば助手席を折り畳んで、ラウンジ・コンソール コンセプトやエクセレンス・チャイルドシート コンセプトの便利な設備を組み込めるような仕組みを開発したら、大都市郊外に住む富裕層からもっと選ばれるクルマになるかも知れない。詳しくはビデオとプレスリリース(英語)をご覧頂きたい。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ボルボの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!