【ビデオ】超軽量でスタイリッシュな電動アシスト自転車「Maxwell EP0」
Related Gallery:Maxwell EP0 Electric Bicycle

電動アシスト自転車は、街中で使うならクルマよりも優れた移動手段だ。場所を取らず化石燃料も消費せず、安価でよい運動にもなるし乗っていて楽しい。ただ欠点を挙げるとすれば、搭載されているバッテリーがやたら重いこと。そして多くの製品はデザインが野暮ったいことだろう。シンプルですらりとしたロードバイクのカッコ良さとは大違いだ。しかし、今回ご紹介する電動アシスト自転車なら、目が肥えた自転車乗りの方々にも納得していただけるのではないかと思う。

米ニューヨークのMaxwell Motorbikes社が開発した電動アシスト自転車「Maxwell EP0」は、250Whの電力を発揮するバッテリーがチューブ状のフレームに内蔵されており、見た目は一般的なロードバイクと遜色ない。気になる重量は、不必要なコンポーネントを省くことで、12〜14kg程度(仕様による)に抑えられている。これならアパートやオフィスの階段でも持ち運びが容易というわけだ。しかも、わずか45分間でバッテリー容量の約90%を充電することが出来るという。

そして前輪のハブに取り付けられた300W(約0.5馬力)を生み出すモーターによって、長距離通勤や坂道の多い道でも、楽にペダルが漕げる。少ない力でより速いスピードを維持でき、目的地により早く、そしてより楽に到着することが可能になる(朝から会社で汗まみれという事態も回避できる)。モーター使用時の最高速度は時速20マイル(約32km/h)で、10~15マイル(約16~24km)の距離をアシストできるという。ペダルに取り付けられたセンサーが必要に応じてサポートしてくれるが、アシストを完全にオフにして人力だけで漕ぐことも選択できるので、普通の自転車を持つ友達と出掛ける際にはペースを合わせることが出来る。

Maxwell EP0の仕様は、シングルスピード(変速なし)のベース・モデルから、英ブルックス社製「Cambium」サドルとコルクグリップが付いた内装2段変速の「EP0 シグネチャー」、そしてエイヴィッド製「BB7」ディスクブレーキやシマノ製「Alfine」の内装9段変速を装備する上級モデル「EP0 ツアー」まで、3種類が用意される。

現在、Maxwell MotorbikesはEP0の市販化に向け、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で出資者募集のキャンペーンを実施しており、1,300ドル(約16万円)出資すれば、初回生産されるシングルスピードのEP0を定価より500ドル(約6万1,000円)安く手に入れられるという。同社は、製品テストの完了や破損を回避する配送方法などのために、15万ドル(約1,840万円)の資金確保を目標にしており、キャンペーン終了予定は7月22日とのことだ。

軽くてスタイリッシュな電動アシスト自転車を求めていた方、まずは下のビデオをご覧になり、Maxwell Motorbikesへの出資を検討してみては?




By John Beltz Snyder
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】EP0の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!