サムスン、トラックの前方が透けて見える安全技術を開発!
「あなたはこのカメラを信頼するだろうか?」 サムスンが開発した"シースルー"技術をご覧になった皆さんには、まずこの質問をぶつけてみたい。これは、トラックのフロントに取り付けられたワイヤレスカメラで前方の様子を撮影し、その映像をトラック後部のモニターに中継するという技術だ。これによって、トラック後方を走行している車両のドライバーが前方の状況を把握しやすくなり、より安全に追い越しができるという。

これまで自動車関連としては、電気自動車などに搭載するリチウムイオンバッテリーの部品を製造してきたことで知られる韓国のサムスンが、安全性を高めるための技術を発表した。この技術が開発された背景には、片側一車線の道路でクルマやトラックを追い越そうとして死亡事故が多発しているという事実がある。当然ながら、対向車線のクルマとの距離を見誤ると、悲惨な結末を迎えてしまうのだ。

だがサムスンによると、このプロトタイプは今のところ"公道走行不可能"とのこと。しかし、現在は各国の政府と連携を図っている段階で、いずれはこの技術をトラックに採用するため、既存の法律に適応させ、必要な許認可を得るためのテストを行っていくという。


By Danny King
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】後ろが透けるトラックの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!