【ビデオ】シボレーが、新型EV「Bolt」のプロトタイプのテスト走行を公開
シボレーは先日、電気自動車Bolt(ボルト)」について、2017年の発売に向けて50台以上のプロトタイプをテストしていることを明らかにし、その映像を公開した。

すでにスパイショットも出回っているが、今回はシボレー自身がBoltのプロトタイプをテストしている写真と動画を公開し、量産に向けて準備が順調に進んでいることを伝えている。1月に米デトロイトで開催された北米国際自動車ショー発表された「Bolt EV コンセプト」は、3万ドル(約350万円)程度という手頃な価格で、200マイル(約322km)の航続距離を可能にするとされていた。

これらのプロトタイプはハンドメイドで製作されており、ミシガン州にあるGMのミルフォード性能試験場や各国の様々な場所でテストを行っているという。同車のチーフエンジニア、ジョシュ・タヴェル氏は「これらのクルマは有効的に活用され、量産車のBoltの基礎となっていくことだろう」と語る。現在、1,000人以上のエンジニアが携わり、走行性能や操縦性能、キャビンの快適性、静寂性、充電容量、エネルギー効率など、様々な分野でテストを行っているそうだ。

GMの電気自動車部門エグゼクティヴ・チーフエンジニア、パム・フレッチャー氏はBoltの開発計画について、「目まぐるしい速度で前進していることをお伝えしたい」と語っている。

デトロイトの北にあるGMのオリオン組み立て工場で生産され、全米50州で販売される予定のBoltは、シボレーのプラグインハイブリッド車「Volt」や「マリブ ハイブリッド」、そしてカナダやメリーランド州に販売地域が拡大される「スパークEV」に続いて、GMの電化戦略の一端を担うことになる。




By Greg Migliore
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】「Bolt」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!