【ビデオ】メルセデスAMG、謎の「高速マシン」登場を予告
「高速マシン、近日登場」。メルセデス・ベンツの高性能車部門、メルセデスAMGが新型車を予告するこのティーザー映像で言っていることはそれだけだ。

パワーに飢えたアッファルターバッハの人たちが言うことだから、疑う余地は微塵もない。今度もかなりの高性能車を準備していることは間違いないだろう。ただし、今のところそれについての情報は一切明らかにされていない。これまでのAMGに対する我々の経験をもとに、予測してみることにしようか。

スピーカーの音量を上げると、わずか19秒間のこの映像で聞こえる音が、V8エンジンの低回転から高回転まで回る際に発するサウンドらしいということが分かるだろう。もっと言えば「メルセデスAMG GT」の後部から繰り出される音に非常に似ている。あの荒々しく粒立った音だ。2基のターボーチャージャーを備えているなら通常はもっと抑えられた音になるはずなのだが、AMGのサウンドは激しく弾けている。

このエンジン音とホッケンハイム・サーキットにおける走行イメージから、新モデルは恐らくメルセデスAMG GTのハードコア・バージョンではないかと我々は予想する。公道仕様の高性能グレード「GT S」と、(先代の「SLS AMG」で使用されていた自然吸気エンジンを受け継ぐ)競技用車両であるメルセデスAMG GT3の間に位置するマシンになるだろう。実は数カ月前、我々はニュルブルクリンクでカモフラージュを施したよりワイルドなメルセデスAMG GTがテスト走行をしているという情報を入手していたので、新型の登場は予期していた。これに「ブラックシリーズ」という名前が与えられるかどうかはまだ分からないが、呼称はともかく、同じようにヤバいマシンになるということは賭けてもいい。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】メルセデスAMGの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!