ホンダのインドネシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるピー・ティ・ホンダプロスペクトモーター(HPM)は、インドネシア・タンゲランで8月20~30日まで開催される「インドネシア国際モーターショー2015」に、世界初公開となる新型クロスオーバーユーティリティビークル「BR-V」のプロトタイプを出展することを、6月29日に発表した。

ちなみに、BR-VはBold Runabout Vehicleの略とのことで、和訳すると勇敢なRVといったところだろうか。

Related Gallery:2015 Honda BR-V


インドネシアのユーザーのニーズに基づき、タイとインドネシアの研究所で開発されたBR-Vは、ホンダの新世代クロスオーバーユーティリティビークルとしてインドネシア市場に導入されるモデルだ。

余裕のある最低地上高や、大径アルミホイール、スタイリッシュなルーフレールによって、力強いエクステリアデザインとするとともに、3列シート7人乗りの快適で広々とした室内空間を確保。

さらに、1.5Lガソリンエンジンと先進のトランスミッションを搭載することで、スポーティーな走行性能と優れた燃費性能を両立しているという。

1.5Lの7人乗りというと、「ジェイド」が思い浮かぶが、おそらく、ジェイドのSUV版といったところだろうか。そうなると「HR-V(日本名:ヴェゼル)」と「CR-V」の中間ぐらいのボディサイズになりそうだ。

まだまだ、一般の人にクルマが行き渡っていないインドネシア市場では、なるべく人がたくさん乗れる日本では走っていない独自の多人数モデルが投入されることが多い。そうなると、今回のBR-Vも日本市場に投入される可能性は残念ながら低そうだ。


【PR】BR-Vの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!