MotoGP Assen NETHERLANDS

Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシが、完璧なレース運びで今季3回目、自己通算111回目の優勝を飾った。チームメイトのJ・ロレンソも健闘、グリッド8番手から追い上げて3位を獲得。 今季5回目となる2人揃っての表彰台となった。

MotoGP Assen NETHERLANDS MotoGP Assen NETHERLANDS

V・ロッシはポールポジションから絶好のスタートを切ってホールショット。2列目からスタートを切ったM・マルケスは、トップを走るV・ロッシをピタリとマーク。1周目を終えた時点でV・ロッシは、M・マルケスに0.426秒の差をつけた。食い下がるライバルと、急速に追い上げるチームメイトを振り切ろうとさらにペースを上げるも、ふたりは離れない。そして4ラップ目、M・マルケスがついにV・ロッシのテールに迫るが、V・ロッシは YZR-M1の敏捷性を最大限に活用してこれを阻止。このあとはそのまま順調にトップをキープしてレース終盤へ突入した。

MotoGP Assen NETHERLANDS

残り7ラップとなった第1コーナー進入で再びM・マルケスが動く。これでV・ロッシは一旦は先行を許したもののテールにぴったりとつき、4ラップにわたってプレッシャーをかけた後にトップを奪い返した。その後の数ラップは、サーキットに詰めかけた大勢のファンが身を乗り出すような見ごたえあるレース展開。V・ロッシは残り2ラップで自己ベストとなる1分33秒673を記録してさらにアドバンテージを広げたが、M・マルケスも最終ラップの後半で再び差を縮める。そしてM・マルケスが最終シケイン進入で最後の勝負を試み、YZR-M1のサイドに接触。V・ロッシはコーナーを曲がり切れずに一旦はグラベルへ出てしまったものの、しっかりとマシンをコントロールしてライバルの前でコースに復帰、1.242秒のアドバンテージを保って真っ先にチェッカーを受けた。

MotoGP Assen NETHERLANDS MotoGP Assen NETHERLANDS

レース結果に納得のいかないM・マルケスだが、久しぶりの優勝争いに手応えがあったことをアピール。総合5位から4位へとランクを上げた。

MotoGP Assen NETHERLANDS

J・ロレンソは最後までトップ争いに加われず、後方から追い上げてくるライダーとの差を意識しながらゴールを目指すこととなった。そして単独走行のまま3位でゴール。V・ロッシとの差は14.576秒。5連勝は逃したものの表彰台獲得はこれで5回連続となった。

MotoGP Assen NETHERLANDS
Related Gallery:MotoGP NETHERLANDS

MotoGP Assen NETHERLANDS MotoGP Assen NETHERLANDS
V・ロッシ選手談(優勝)
「よく頑張ったよ! 完璧だったとは言いたくないけれど、とても白熱したいいレースだったと思う。マルクを引き 離すことはできないとわかっていたし、彼とのバトルはいつも激しくて大変なんだ。でも今日は自分自身に自信が あって、どうしても勝利を狙いたかった。終盤も懸命にプッシュし続け、最終シケインまで来たところでついにマ ルクが仕掛けてきた。でもちょっと遅かったんだ。そのとき僕はシケインに進入していたから接触してしまい、コーナーを曲がり切れずコースを出てしまった。このときの僕に選択肢はなかったよ。ただラッキーなことに、グラベルへ出てしまったのに転倒せずにスロットルを回し続けることができた。グラベルの深さをそのときは知らな かったが、今、考えればコントロールを失う危険性は十分にあったんだ。コースに復帰してからマルクの位置を確認。すると彼は僕以上に遅れていたというわけ。ウイークを振り返り、とても良い週末になったと改めて思う。そ してシリーズポイントでホルヘとの差を広げることができたことも非常に重要だ。このように接近しているときに は、自分が好調で、コースも得意ならば最大限の収穫をもぎ取らなければならない。なぜなら、いつか必ず難しい 状況に置かれるときが巡ってくるからだ。ここアッセンでまた優勝できて本当にうれしい。ヘレスではホルヘが9ポ イント上回ったが、今回それを帳消しすることができた。そして今度はムジェロのものも帳消しにしなければならないと思っている... ジョークはさておき、ホルヘは非常に強くて、ここ数戦で28ポイントを挽回したのだから、今日はここでどうしても9ポイント差をもぎ取る必要があったんだ。今年のチャンピオンシップは、最終レース、最終 ラップで決まると思っているからね」

MotoGP Assen NETHERLANDS MotoGP Assen NETHERLANDS
M・マルケス選手談(2位)
「表彰台に戻ることができてとてもうれしいです。最後まで優勝争いをしていいレースができました。今日は事実上、優勝だったと思います。最後のシケインは限界で攻めていました。レースウイークを通してとてもいい仕事ができました。チームに感謝したいです。世界で一番のチームで戦っていると自信を取り戻すことができました。彼らは本当によく僕を支えてくれます。いつもはそれほど強くないサーキットで、この事実を証明できました。最終コーナーまで優勝争いをしました。今後のレースでまた前進できるか様子をみたいです。最終ラップの最終シケインは特に優勝を目指して走りました。よく見て、どこでバレンティーノ(ロッシ)をオーバーテイクすればいいか分かりました。そして、その通りに実行しましたが、思ったようには終わりませんでした」

MotoGP Assen NETHERLANDS MotoGP Assen NETHERLANDS
J・ロレンソ選手談(3位)
「トップから10ポイント差。決して悪くないよ。アルゼンチン終了後は29ポイント離されていたのが、難しいウイークを終えた今、10ポイントまで縮まっているのだから。スタートはうまくできた。1周目でポジションを挽回しようと思っていたので本当に集中して臨み、1周目のうちに3位まで上がることができた。その後もバレンティー ノとマルクのペースについて行こうと頑張ったけれど、ふたりは本当に強くて、今日は無理だと悟ったんだ。今日 はベストを尽くしてこの3位をキープする日。それがチャンピオンシップのために最も大切なことだと確信したよ。今週は厳しい状況が続いていたので、そのなかで3位を獲得できたことを考えれば上出来と言っていいと思う。バレンティーノは初めから好調だったし、マルクはマシンの状態を改善していて順調にペースを上げていた。僕はその反対だったんだ。ハードコンパウンドの選択も裏目に出て、第2、第4とふたつのセクションで十分な速さを発揮できず大きく遅れてしまった。両方でコンマ5秒ずつ遅れたので、全体としてもハイペースをキープすることは難し かったんだ。次回のザクセンリンクはまだ勝ったことがないので、また厳しい戦いになりそうだ。でもレースは開 けてみなければわからない」

■ヤマハ発動機 公式サイト
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

■ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp/motor/

■スズキ 公式サイト
http://www1.suzuki.co.jp/motor/