日産「e-NV200」が、今度はパーティー会場に大変身(ビデオ付き)
Related Gallery:Nissan e-NV200 part e-VAN

"ごみゼロ・手間ゼロ"のスマートBBQカープロジェクトでそのポテンシャルの高さを見せつけた日産の多目的商用車「NV200(日本名:NV200バネット)」が、今度はなんとパーティー仕様車「PART e-Van」となり、どこへでも出掛けて行ってクラブ・シーンを演出するという。

このクルマは100%電気商用車「e-NV200」をベースに、パーティーに必要なあらゆるアップグレードが施されている。ルーフにはDJブースが設置され、1万4,000Wのサウンド・システムにサイレント・ディスコ対応ワイヤレス・ヘッドフォンを搭載(サイレント・ディスコはワイヤレス・ヘッドフォンを通して曲を楽しみながら踊るスタイル。つまり周囲への騒音を気にせずディスコを楽しめるわけだ)。ミラーならぬソーラーパネルが貼り付けられたディスコボールは、システムに電力を供給する役目も果たす。さらにノンアルコールのカクテルが出てくるドリンクサーバーや、LEDが敷き詰められたダンスフロア、そして高さ6mのライティング・システムも完備されている。パーティーの模様は、今話題のカメラ搭載型ドローンで撮影し、車体横のモニターを通してソーシャル・メディアで共有することが可能だ。

このPART e-Vanは、UEFAチャンピオンズリーグの決勝が開催されるベルリンのオリンピアシュタディオン場外でお披露目され、その後はル・マン24時間レースを目指してヨーロッパを移動することになっていた。果たして、サルト・サーキットでは盛り上がることが出来たのだろうか...? 詳細はプレスリリース(英語)をご覧いただきたい。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】日産「NV200」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!