YOKOHAMA GEOLANDER

ジオランダーH/T G056は中・大型4×4・SUV向けのオンロード向けタイヤだ。H/T派ハイウエーテレーン...高速走行重視のタイヤ。従来からオンロードや高速走行向けのタイヤだったわけだが、最近では世界的にシティユースをターゲットとしたクロスオーバーやSUVが増えている。これは中・大型車両でも同様。ジオランダーH/T G056は、そうしたSUVの動向に合わせて開発。トレッドデザインを見ても分かるように、思い切ってオンロード向けに振ったキャラクターとなっている。

YOKOHAMA GEOLANDER YOKOHAMA GEOLANDER

性能的にも、オンロードでの耐摩耗性・耐久性・快適性・ハンドリング性能を重視して作られている。といっても完全なオンロードタイヤとは異なり、M+S規格であるため、ある程度ラフロードや雪道での走破性にも配慮させたデザインとなっている。

YOKOHAMA GEOLANDER

トレッドパターンは、縦溝を主体にしたリブデザイン。ただし、4本の縦溝は溝側面をジグザグにした「ジグザグ・メイン4グルーブ」を採用。ラフロードや雪道でのトラクション性能を狙ったものとなっている。またリブデザインといっても完全なリブ構成ではなく、細目の横溝「マルチラググルーブ」が入れられ、ラフロードや雪道、ウエット路面でのトラクション性能の向上が図られている。

YOKOHAMA GEOLANDER YOKOHAMA GEOLANDER

トレッドデザインでは、ほかにショルダーブロック部に「アダプティブショルダーブロック」と名付けられた、デザインを採用。横溝を縦溝に貫通させないことで通過騒音のノイズ低減を図るとともに、ショルダーブロックの偏摩耗を抑制したり、操縦性を高める効果がある。
また、ショルダーブロックに刻まれたサイプは3Dサイプとなっており、ウエット、スノー性能や操縦性向上に役立っている。

YOKOHAMA GEOLANDER YOKOHAMA GEOLANDER

タイヤの構造では、オンロードの高速走行を想定しているため、タイヤのタガに相当するベルトに、ナイロンのフルベルトカバーを採用。またタイヤプロファイルを、従来のタイヤ=ジオランダーH/T G051と比べ縦長に設計。接地面構造に合わせたサイドウオール摂家によってハンドリング性能のレベルアップが図られている。

YOKOHAMA GEOLANDER

コンパウンドは「マルチコンビネーションコンパウンド」を新開発。摩耗に強いポリマーと転がり抵抗の良いポリマーをブレンドして配合。加えてカーボンとシリカの粒子サイズを象形化することで、ポリマーとの結びつきを強くし補強性を強化。耐摩耗性能を向上させている。
ウエット性能についても、シリカの効果によって低音域でもコンパウンドが柔軟になり、グリップ性能を高める働きがあるが、このシリカ系コンパウンドに、ヨコハマ独自の技術であるオレンジオイルを配合することで、よりミクロの柔軟性を増し、ウエット路面での路面との密着性が高まり、ウエットグリップ性能の向上につながっている。


Related Gallery:YOKOHAMA GEOLANDER

さて、実際に試乗した印象はというと、オンロード向けの滑らかなタイヤの回転(転動)感が印象的だった。先代G051もオンロード向けのキャラクターだったが、多少ラフロードでのトラクション性を勘案したトレッドデザインで、当時としては快適なオンロード向けタイヤだったが、G056はさらにオンロードでの快適性を高めている。特に滑らかな乗り心地はまるで乗用車用サマータイヤ。

YOKOHAMA GEOLANDER YOKOHAMA GEOLANDER

静粛性も数段進歩している。面白かったのは、復刻したランクル70で試乗した時。遮音性の低さからあちこちからいろんな音が聞こえてくる。タイヤもその音源の一つで、騒がしさの一因になっているが、G056を履くと足元だけが不自然なくらい静かなのだ。高速道路や高速ワインディングを走らせていても、風切音やエンジン音は聞こえてくるのに足元あたりが妙に静かなのだ。

YOKOHAMA GEOLANDER

ランクル70+G056の話を続けると、乗り心地も明らかになめらかでスムーズなライド感になっている。タイヤのエッジが路面を叩くようなゴロゴロした感触がなく滑らかに回転してくれる。

YOKOHAMA GEOLANDER YOKOHAMA GEOLANDER

不思議な快適さがある。ハンドルを切ると、操縦性の良さを狙った味付けがランクる70とは合わなかった。ハンドルを切りだすとまだクルマがブッシュをつぶしダンパーを縮めているその間にタイヤがさきに曲がり始めてしまうような動きが出る。ハンドルを切り方をちょっとゆっくりにしてやれば抑えられるのではあるが、やはり古き良き4×4のキャラクターにはハンドリング面では合わないようだ。もっともG056は直進性がいいので、高速道路での巡航はイージー。

YOKOHAMA GEOLANDER

ランクル・プラドで、G056とG051の新旧比較もすることができたが、印象は変わらない。乗り心地、静粛性(ロードノイズ)が明確に進化しており、コンパウンドグリップや、タイヤの応答性も現代のオンロード向けSUV向けの味付けになっている。

YOKOHAMA GEOLANDER YOKOHAMA GEOLANDER

単純にマッチングでいうと現代の中大型SUVにジャストフィットのタイヤに仕上がっている。あるいはクロカン4×4でもオンロードを楽をして走りたいという希望も叶えてくれると思う。

YOKOHAMA GEOLANDER

■YOKOHAMA Tire 公式サイト
http://www.yokohamatire.jp/yrc/japan/