〜人生に新しい体験や出会いをもたらしてくれる車としてユーザーから好評〜
マツダ株式会社(以下、マツダ)は、5月21日に発売した新型マツダ「ロードスター」の累計受注台数が6月21日時点で5,042台となり、多くのユーザーから高い評価を得ていると、本日6月25日に発表した。

Related Gallery:MAZDA Roadster 25 June 2015


1989年に発売された初代「ユーノスロードスター」から数えて4世代目となる新型「ロードスター」は、「サステイナブル"Zoom-Zoom"宣言」に基づいて、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を高次元で調和することを目標に開発したエンジン(ガソリン・ディーゼル)、トランスミッション、ボディ、シャシーなどのマツダの新世代技術の総称である「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を採用した新世代商品の第6弾となるモデル。人がクルマを楽しむ感覚の深化に徹底的に取り組み、「人馬一体」の楽しさを追求した、後輪駆動(FR)の2シーターライトウェイトオープンスポーツカーである。


グレード別での受注構成比は、「S Special Package」が52%、「S Leather Package」が39%、「S」が9%とのことだ。
ボディカラー別では、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)」のイメージカラーである「ソウルレッドプレミアムメタリック」が41%で最も多く、次に「セラミックメタリック」が21%、「クリスタルホワイトパールマイカ」が12%と続いている。
そして、マツダ「ロードスター」的、面白い報告データがある。74%という非常に高い比率でトランスミッションはMT(手動変速機)を選択しているというということが興味深い。
オプション装備では「CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)」が人気、「S Special Package」購入者のうち79%のユーザーに選択されているとのことだ。



新型「ロードスター」の顧客層は40代を中心に、20代から60代以上まで、と、世代を超えて幅広く支持をされているとのことで、マツダオフィシャルサイト内「Driver's Voice」(http://www2.mazda.co.jp/carlife/voice/)には、「購入後は次の休日が待ち遠しくたまらない」「洗車をしていると知らない人にもかっこいいですねとよく声をかけられます」「これからは、新しいパートナーとともに多くの素晴らしい体験に出会えることを期待しています!楽しみです!」「エンジン、トランスミッション、前後重量配分など、ロードスターを構成するすべての物や事が、運転する楽しさに注力しているところが良い」など多くのユーザーの声が届いており、「人生を楽しもう」という新型「ロードスター」のコンセプト通り、人生に新しい体験や出会いをもたらしてくれる車として、ユーザーから高い評価を得ているということだ。

新型「ロードスター」開発担当主査の山本修弘氏は、多くのユーザーから共感を得ていることについて、「新型ロードスターがお客さまの素晴らしい人生にエネルギーをお届けし、お客さまの笑顔をつくり続ける存在になることを確信しています」と、述べている。


マツダ「ロードスター」公式サイト
http://www.mazda.co.jp/cars/roadster/

マツダ 公式サイト
http://www.mazda.co.jp/