観音開き式の荷室ドアを備える「MINI クラブマン」に新型が登場!
Related Gallery:MINI Clubman

観音開き式のリア・ドアが特徴的な「MINI クラブマン」が新型に"世代交代"した。

"ニュー MINI"としては3代目にあたる最新型のハードウェアに生まれ変わったMINI クラブマンは、2014年秋に発表された「MINI 5ドア」がベースとなったため、先代のボディ右側のみに設けられていた、逆ヒンジの小さな後部座席用ドア「クラブドア」が廃止され、両サイドに2枚ずつ、前方ヒンジの一般的な後部ドアに変更された。ユニークな個性は薄まったが実用性は明らかに向上したと言えるだろう。また、後部座席は3名乗車が可能になっている。観音開き式の荷室ドアは、先代...というより1960年に登場した"クラシック・ミニ"のバリエーション「モーリス・ミニ・トラベラー」および「オースティン・セブン・カントリーマン」からこの新型にもしっかり受け継がれている。そして新たに、手を触れることなくリアバンパーの下に足をかざすだけでこれを開けることができる「コンフォート・アクセス・システム」がオプションとして採用された。


居住性、実用性が向上した代わりに、ボディのサイズは拡大し、全長4,253mm × 全幅1,800mm × 全高1,441mmと、先代より273mmも長く、115mmもワイドになった。2,670mmのホイールベースは、MINI 5ドアや現行型「MINI クロスオーバー」よりさらに長い。ラゲッジルーム容量は5名乗車時で360リッター。40:20:40の分割可倒式後席バックレストを全て倒せば、最大1,250リッターまで拡張できる。




導入時はガソリン2種、ディーゼル1種のエンジンが用意される。まずガソリンの方は、「MINIクーパー クラブマン」に最高出力136ps/4,400rpm、最大トルク22.4kgm/1,250pm(オーバーブースト時23.5kgm)を発生する1.5リッター直列3気筒ターボが積まれ、高性能モデルの「MINIクーパーS クラブマン」は最高出力192ps/5,000rpm、最大トルク28.6kgm/1,250rpm(オーバーブースト時30.6kgm)を発揮する2.0リッター直列4気筒ターボを搭載。つまり、既存のハッチバックと共通だ。だが、「MINIクーパーD クラブマン」の2.0リッター直列4気筒ディーゼル・ターボは、最高出力150ps/4,000rpm、最大トルク33.7kgm/1,750rpmと、これまでの「クーパーD」や「クーパーSD」より強化された。

MINIクーパーS クラブマンとMINIクーパーD クラブマンのトランスミッションには、MINIで初めて8速の「ステップトロニック」ATを採用。MINIクーパー クラブマンのATは6速ステップトロニックとなる。ただし欧州仕様では全車6速MTが標準だ。MINIクーパーS クラブマンでは、素早い変速とローンチ・コントロールまで可能になる8速ステップトロニック・スポーツ・トランスミッションもオプションで選べる。なお、ナビゲーション・システムを装備したMINIクラブマンのATモデルは、トランスミッションがルート・プロファイルを参照し、例えば行く先に交差点やカーブが控えていることを認識すると、その手前でシフトダウンしたり、短い距離の間に2つのコーナーが連続している場所では、その中間で不要なシフトアップを回避する機能があるという。

MINI随一のロング・ホイールベースに合わせて、フロントのシングル・ジョイント・ストラット式サスペンションは全てのコンポーネントが新設計となり、リアのマルチリンク式サスペンションは、このモデル専用に最適化が施された。スポーツ・サスペンションやダイナミック・ダンパー・コントロールもオプションで用意される。

MINIクーパー クラブマンとMINIクーパーD クラブマンには、16×7Jアロイホイール+205/55R16タイヤが標準で装着され、MINIクーパーS クラブマンは17×7.5Jアロイホイール+225/45R17タイヤが標準となる。オプションで19インチまでインチアップが可能だ。



インテリアは、丸型センター・メーター(というか、本当はディスプレイ)や、ステアリング・コラム上のスピード&タコ・メーターなど、基本的なレイアウトはハッチバックと共通だが、ダッシュボードやセンター・コンソールのデザインは異なる。また、MINIで初めて運転席および助手席用電動調整シートがオプションで用意された。他にもインテリア照明やレザー・シート、ヘッドアップ・ディスプレイなど、豊富なオプションが用意されるのは他のMINIと同様。




立派になったエクステリアには、ロア・エア・インテークの外側に配置された縦に細いスリット状の開口部から空気を取り入れ、フロント・ホイール・アーチ周囲に流すことで気流の乱れを整える「エア・カーテン」や、ホイール・アーチ後方のサイド・パネルに設けられたダクトからその空気を排出する「エア・ブリーザー」という、BMW譲りのエアロダイナミクスがMINIで初めて採用されている。ルーフに装着されたフィン・アンテナには、アラーム・システム用赤色作動表示灯を内蔵。また、オプションの「MINI Excitement」パッケージを装着すると、リモコンで車両のロック/ロック解除を操作したときに、運転席側ドアミラーに追加された光源からMINIのロゴを路上に20秒間投影する「ライトディスプレイ」機能も追加されるという。長さ120cmもあるパノラマ・ガラス・ルーフや、ユニオンジャックのミラーバー、ボンネット・ストライプなど、外装もこれまで同様多彩なオプションが用意される。




単なるMINIのステーション・ワゴン版というより、装備も大きさも明らかに上級モデルへと移行した感のある新型クラブマン。果たして日本ではどのように受け止められるだろうか。価格や仕様も気になるところ。日本導入の発表があれば、また改めてご紹介しよう。


Related Gallery:MINI Clubman



By Hirokazu Kusakabe

【PR】MINI クラブマンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!