KTM、東京モーターサイクルショーで発表した「RC 250」と「250 DUKE」のデリバリーを開始
第43回東京モーターサイクルショーにて、KTMよりワールドプレミアとして発表された、期待の250ccスーパースポーツ「RC 250」、そしてネイキッドスポーツ「250 DUKE」。"日本のマーケットのために"と言っても過言ではない、排気量をクラス上限に設定した2機種のデリバリーがいよいよ開始となった。

Related Gallery:TOKYO MOTORCYCLE SHOW 2015 KTM

「RC」及び「DUKE」シリーズには、200cc ユニットを搭載した既存モデルがありながら、とくに日本に於いて要望の高かった軽二輪枠の上限排気量である250ccクラスを重要視し、専用エンジンを新たに開発。クラストップの動力性能とパフォーマンスを実現したのが、RC及びDUKEの250であるという。

既存の200ccユニットとも違い、また390ccユニットとも異なるエンジンフィーリングは、5月末に筑波サーキットコース 1000にて行われたメディア向け試乗会でも好評で、KTMが一貫して標榜する「スポーツ・モーターサイクル」の名に恥じない仕上がりとなっているとのことだ。

ともにDOHC4バルブ単気筒エンジンを搭載したライトウエイトスポーツという共通項を持ちながら、ポジションやフレーム、サスペンションセッティングの違いから異なる乗り味を生み出しているとのことで、それぞれに独立した面白さが体感可能だという。


「RC 250」は、KTMスーパースポーツモデルの一員として、高感度なスポーツライディングが可能なサスセッティング、コントロール性を考慮したポジション、シャープなスタイリングとユーティリティ性の両立を実現したシートを装備し、コンパクトな車体で、体格を問わず男性から女性まで幅広い層が楽しめる作りを持つ。


「250 DUKE」は、発売以来高い人気を保つ 125/200/390の各兄弟モデルと同様に、軽量な車重がそのまま運動性にも反映されたネイキッドスポーツで、アップライトなポジションと豊かなストロークを確保したサスペンションを持ち、普段使いからツーリングまで用途を問わず、気持ちのいい走りを楽しめる。

250ccクラスは、現在ホビーレースとしても人気上昇中だが、もて耐(ツインリンクもてぎ)、フロンティア 2 / NS1 クラス(筑波サーキット)、NEO STANDARD クラス(鈴鹿サーキット)などのサンデーレースユーザーからも、注目を浴びているという。また、2車ともにMFJ(財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会)公認車輛のため、全国各地の MFJ公認・承認競技への参加も可能だ。

この両モデル、Φ43㎜倒立フォーク、ラジアルマウント4ピストンキャリパー、前後ABS、スリッパ―クラッチ、デジタルマルチファンクションメーター等、クラストップの充実した装備も、同クラスのライバルモデルに勝るポイントである、としている。

KTMが日本のために用意したといっても過言ではない、この250cc2機種、全国のKTM正規ディーラー店頭にてご覧になってみてはいかがだろうか。

■ 価格(消費税込み)
「RC 250」
・最高出力:23kW (31.3hp)/9,000rpm
・最大トルク :24Nm/7,250rpm
・スリッパ―クラッチ標準装備
・前後ABS標準装備
 62万円

「250 DUKE」
・最高出力:23kW (31.3hp)/9,000rpm
・最大トルク :24Nm/7,250rpm
・スリッパ―クラッチ標準装備
・前後ABS標準装備
 55万円

KTM 公式サイト
http://www.ktm-japan.co.jp/