英モーガン、「3ホイーラー」の電気自動車バージョンをグッドウッドで公開へ
Related Gallery:Morgan EV3 Three Wheeler Concept

モーガンが2011年に復活させた「3ホイーラー」は、そのフロントエンドにむき出しの状態で搭載された大きなV型2気筒エンジンが、この小型トライクの見た目を特徴づける1つのポイントとなっている。しかし、この英国の少量生産スポーツカー・メーカーは、その象徴的なエンジンの替わりに電動モーターを搭載した3ホイーラーの新しいコンセプト・モデル「EV3」を、6月25日から28日に英国で開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで発表するという。

詳細についてはまだ大部分が未公開ではあるが、この3ホイーラーの電気自動車(EV)バージョンは、既存の内燃エンジン・モデルよりもパフォーマンスの面でさらに優れたものになりそうだ。2.0リッターV型2気筒エンジンの最高出力が82hpであるのに対し、EV3のリアに搭載される電動モーターは最高出力75kW(約101hp)を発生。また、車両重量は450kgと、内燃エンジンを搭載するモデルの525kgよりも軽く、航続距離はおよそ150マイル(約241km)になる見込みだという。

このEV化のアイデアは昨年から考えられていたようだが、発表によると、グッドウッドで展示される1台はそのプロトタイプであり、2016年末までの市販化を目指して現在も開発が続けられているとのこと。したがって、これらの数値は変更になることも考えられるが、馬力の増加や車重の軽量化によって、走らせる楽しみが増すことは期待できるだろう(失われる楽しみもあるだろうが...)。モーガンは、トップ画像のようなスタンダードな外観に加えて、ボンネビル・ソルトフラッツで最高速度記録にチャレンジするレーシングカーのようなスタイルの画像も公開している。ぜひギャラリーでチェックしてみていただきたい。プレスリリース(英語)も併せてどうぞ。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】モーガンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!