新生『トップギア』のアシスタント司会者を、ただいま世界中から募集中!
英BBCの自動車番組『トップギア』では、既にジェレミー・クラークソンに替わる新司会者に、クリス・エヴァンス(上の画像)の起用が決定した。そのエヴァンスが、ジェームズ・メイリチャード・ハモンドの替わりをオーディションで決めるべく、世界中の希望者から30秒以内の自己紹介ビデオを、6月19日より募集している。

公式サイト『TopGear.com』でエヴァンスは、「リチャードやジェームズも、オーディションで発掘された。だから今回も、オーディションで決めるつもりだ。現在有名な人や昔は有名だった人、これから有名になる人に限らず、この番組のファンなら誰にでも応募資格がある」と述べている

現時点での応募条件はそう多くない。エヴァンスによれば、「修理工でもいいしアマチュアのレーシングドライバーでもいい。5年かけて自宅のガレージで自分のランドローバーを組み立てた消防士だっていい。でも、クルマに詳しくなくちゃダメ」とのこと。性別や国籍も問わないが、17歳以上(17歳の場合は、保護者の同意が必要)であることが条件だ。もしかしたら、イギリスへの移住を厭わないことも条件になるかも知れない。

しかし、これはコンテストでもなければ『アメリカン・アイドル』でもないので、このオーディションから未来の番組ホストが誕生するという保証はどこにもない。応募する映像についてエヴァンスは、「自然体で、上半身の映像を送って欲しい。何か変わったことをする必要はないし、特技は見せなくていい。ただカメラに向かって、ありのままの自分で話しかけるだけでいい」と言っている。制作チームが気に入れば、イギリスで行われるオーディションの参加資格が得られる。30秒以上の映像は審査対象外となるので、注意して欲しい。

映像の送付先などは、TopGear.com内で説明されている。締め切りは7月20日だ。もしもAutoblogの読者の中にも応募してみようという人がいれば、健闘をお祈りする。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】トップギア司会者への応募を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!