【レポート】英『トップギア』の新司会者エヴァンス、共同司会者に女性の起用を示唆
ジェレミー・クラークソンジェームズ・メイリチャード・ハモンドが英BBCの『トップギア』を去り、ついに世界で最も人気のある自動車番組に、長らく噂されていた女性司会者が起用されることになるのか? これについて、新司会者に決定したクリス・エヴァンスの発言が波紋を呼んでいるようだ。

クリス・エヴァンスは、BBCラジオ5の生放送で女性司会者の起用について訊かれると「それは、絶対に100%確実だと言えるね」と答えた。ただし、彼はこうも付け加えている。「ただし、女性だからといって選ばれるわけじゃない。クルマに対する情熱がないとね」 ちなみに、エヴァンスの共同司会者候補には、番組内の「有名人によるお値打ち車レース」で1分48秒という好タイムを出したこともある元モデルのジョディ・キッドや、BBCでF1放送の司会を務めるスージー・ペリーの名前が取り沙汰されている。

ところが、これに対してBBCの管理責任者キム・シリングロー氏は、冷水を浴びせるような発言をしている。英一般紙『The Guardian』が報じたところによると、シリングロー氏はBBCラジオ4の番組『The Media Show』のインタビューで、トップギアのリニューアルにあたって「性別は考慮に入れない」と話したという。

「(トップギアは)これまでもずっと"男の世界"だった」「これは、より多くの視聴者が参加できるように、どんな風に番組を新しくしていくかを考えるうえでの一案に過ぎない。私が言えるのは、番組にふさわしい人を選ぶということだけ」とシリングロー氏は語っている。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】英国車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!